9/30発売 ハリガネ ねぎだく豚骨

9/30発売の東洋水産「ハリガネ ねぎだく豚骨」を食べました!
1分湯戻しで食べられる東洋水産の豚骨シリーズからの新作です!

9/30発売 ハリガネ ねぎだく豚骨

このところ東洋水産は縦型カップ向けの麺の改良を進めてましたが、
一方で東洋水産が抱える縦型ブランドにもそれぞれ麺が個性があるので、
各ブランドに合わせた改良が必要になるという問題があったのですよね!

そんな中で「本気盛」シリーズの麺の改良が完成して新作が登場し、
さらにこの「ハリガネ」シリーズも新たな麺で新作が出てきました!(`・ω・´)

最近の東洋水産の麺は「しなやかな食感」がポイントになってますが、
「ハリガネ」シリーズは豚骨向けらしい硬めの食感がウリなので、
ちょっと麺の開発には苦労したんじゃないかと思わされもしますね!

そこでこの新しい麺がどんなパフォーマンスを見せるのかに注目ですね!

9/30発売 ハリガネ ねぎだく豚骨(内容物)

◎内容物 - 具材はいつもとほぼ同じで、後入れ調味油つき


内容物はフタに貼り付けられた後入れ調味油となっています!
ねぎとひき肉という具材の組み合わせは「ハリガネ」らしいですね!

湯戻し時間が1分となると、どうしても具材も制限されるのでしょう!

9/30発売 ハリガネ ねぎだく豚骨(できあがり)

たしかに今までに比べると麺の質感がナチュラルになっていますね!
以前はもっと「いかにもカップ麺的な縮れ」が強かったですからね!

◎スープ - 調味油でアクセントをつけた王道の豚骨スープ


まずはスープですが・・・かなり真っすぐな豚骨スープで来ましたね!(●・ω・)

どうも今回はあえてスープはオーソドックスに来たような気がしますね!

今回の最大のポイントは麺の改良なので、それが最も伝わるように、
また「新生ハリガネ」を印象付けるべく原点に返ったスープで来た、
そういうふうに感じ取ることのできるベーシックな味となっています!

そこそこスナック感のある素直な豚骨スープをベースにしたうえで、
そこに豚脂と植物油脂をミックスしたオイルで厚みを重ねる方式です!

このスナック的豚骨+油脂は「ハリガネ」の基本形でもありますしね!

また植物油脂に関してもごま油的な強い風味のアクセントはなく、
ベーシックに油脂感を高めてコクを出すスタイルになっています!

なので、油脂感は高めながらも強烈なアクセントのようなものはなく、
「普通においしく食べられる豚骨スープ」に仕上がっていますね!

良くも悪くも「安心して手に取れる豚骨ラーメン」と言えるでしょう!(*゚ー゚)

◎スープの原材料


スープの原材料はポークエキス、植物油、ラード、食塩、砂糖、香辛料、
香味油脂、ごま、でん粉、たん白加水分解物、発酵調味料となってます!

この原材料、以前に出た「ハリガネ ネギトン」とほぼ同じですね!

「ねぎが多めの豚骨スープ」という点でも共通していますし、
今回はあえて過去商品に近いスープにしてきたのでしょうね!

◎麺 - スナック感を残しつつ新世代感も導入


麺は断面の四角いスナック感が強めの油揚げ麺となっています!

まず基準である湯戻し1分で食べると、かなりサクサクしてます!
「豚骨向け麺の硬さ」というよりは、単に戻ってない感じですね!笑

このあたりは以前の「ハリガネ」も麺も同様な傾向でしたが!

その後も最初のうちはスナック的なサクサクした印象が続きますが、
少し麺が戻ってくると、今度はしなやかな要素が少しずつ強まります!

また油揚げ麺臭なども以前に比べるといくぶんは軽くなってますね!
ただそれでも他の新世代麺よりはスナック感は強めではありますね!

なので、完全に最近のしなやか新世代麺路線に移行したというよりは、
従来の麺と新世代麺のハイブリッド的な立ち位置にあると言えそうです!(*゚◇゚)

それゆえに麺の変化についての感動は他の商品ほどではないですね!
ただクオリティに磨きをかけてきたというのは間違いないと言えます!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは465kcalとなっています!
脂質は25.2gで、かなり高めの数字となっていますね!

以前の「ネギトン」と比べても栄養成分の数字はかなり近いです!

◎具材 - お決まりのねぎ&鶏ひき肉


具材は「ハリガネ」が得意とする鶏ひき肉とねぎとなっています!

鶏ひき肉は味は強くないですが、肉感の演出には役立ってますね!
なんだかんだでこのひき肉が「ハリガネ」らしさでもありますしね!(=゚ω゚)

ねぎは量は多いですが、やわらかく風味もキツさは持ってないので、
「ねぎだく」ながらもけっこう食べやすい味わいに仕上がってますね!

「ネギトン」との違いは具材から紅生姜が抜けた点になりますね!

◎まとめ - 麺の改良が主役だが、他の商品ほど強い変化ではないかも


スープはかなりオーソドックスで、麺に焦点が当てられてましたが、
間違いなく改良されている一方でそこまで強いインパクトはなくて、
ある程度は従来の「ハリガネ」の流れを汲んだ内容になってましたね!

ただ麺についてはおそらく今後もいろいろ改良されるでしょうね!
「サクサク感を出しつつ新世代感」はまだ追求できるでしょうし!

「ハリガネ」シリーズらしい食べやすい豚骨ラーメンでございました!(゚x/)モキニューヌ

【関連記事】
ハリガネ ねぎだく豚骨
ハリガネ ピリ辛高菜とんこつ
ハリガネ スパイシー豚骨
ハリガネ ネギトン
ハリガネ 黒ダレ辛とんこつ
ハリガネ バリうま博多風とんこつ
ハリガネ 高菜明太味とんこつ
ハリガネ 担々とんこつ味
ハリガネ 濃いめとんこつ味
ハリガネ 極細メンかた とんこつ味
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
今回のハリガネの麺のリニューアルには
いろいろな意見があるようですが、
以前よりはちょっとだけですがストレートに近づいたのもよかったと思います。
麺はやはり細麺なのでちょうどいい頃合いの時間が短く、
そういう意味では湯戻し時間はシビアになるのかもしれませんね。
まぁ、自分的にはこの麺のリニューアルはよかったです!

スープはいつものハリガネらしい豚骨感もしっかりの
ミルキーなスープで安定の美味しさで満足でした。
たういさん、こんばんは!

もともと本格的な麺を志向していたブランドじゃないですし、
それがややストレートでリアルな方向に向いたこともあるので、
おおむね成功と言っていい麺の改良ではないかと思いますね!(●・ω・)

どうしても食べ始めはスナック的なサクサク感が強いですが、
時間が経つにつれて徐々にナチュラルになってきましたしね!

少なくとも前回の麺に比べると良くなっていると思いましたね!

スープはまぁリニューアル第1弾ということで大人しめでしたね!
また次回以降に思い切ったスープを期待したいところですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
ネギの量たっぷりだねぇ。
体調を崩しやすい気温の変動が激しいから風邪をひかないように、ネギパワーで乗り切れそうだね。
よしおさん、こんにちは!

この商品はねぎがどっさりと入っていましたね!
やわらかいねぎなのでインパクトは控えめでしたが!

それにしても最近急に気温が下がってきていますね!
少しずつ冬向けに切り替えていく時期のようですね!(●・ω・)

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.