10/21発売 オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル

10/21発売の日清「オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル」を食べました!
東京の四谷にある「オーベルジーヌ」という宅配カレー店の監修商品です!

この「オーベルジーヌ」は芸能界でのロケ弁として有名だそうですね!
とすると、「冷めてもおいしい」ことがモットーなのでしょうかね!

10/21発売 オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル

下の完成写真はきれいですが、何やらデザインが少々下品ですね;
公式ページの「食べればあなたも芸能人」の表現も困りものですね;

ウリにしているようでいて、格を下げてるようにも見えてきますが(;゚ω゚)

どうも「72時間煮込んだ玉ねぎの甘味」がポイントのようです!
カレーのスタイルとしては完全に欧風系になるようですね!

10/21発売 オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル(内容物)

これは何とも大量の粉末カレースープとなっていますね!
スープがきちんと溶けるように注意が必要そうですね!

後入れ小袋などはなく、お湯入れのみで完成するスタイルです!

10/21発売 オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル(できあがり)

カレーラーメンとしては異例なレベルの黒さの仕上がりですね!

◎スープ - あめ色玉ねぎが主役の甘くまったりとしたカレー


まずはスープですが・・・うわ、これはほんと大量の玉ねぎが入ってますね!(●・ω・)

ただ玉ねぎとは言っても、生っぽい玉ねぎの風味は全くないです!
あめ色・・・むしろとび色まで炒めた玉ねぎの甘く濃厚な風味です!

もはやカレースパイスよりもあめ色玉ねぎが主役と言っていいでしょう!

あめ色玉ねぎの甘さ、コク、色がつくことで生まれるカラメル的香ばしさ、
そうした「あめ色玉ねぎスープ」と言っていいような味わいとなってます!

あめ色玉ねぎをアピールするカレーラーメンは過去にもありましたが、
この商品に関しては間違いなく前代未聞のレベルで玉ねぎが強いです!

そのためスープに関しても「とにかくまったり甘い」と言えますね!

それも「バーモントカレー」的なスパイスの弱い甘さというよりは、
一定のスパイス感もありながら甘さも強烈に主張してくる感じです!

あめ色玉ねぎの甘みって、キャラメルのようなまったり感があるので、
この甘さをくどさや重さとして感じてしまう人もいるかもしれません!

ただいずれにしても他にないタイプのカレースープなのはたしかです!

そしてもう一つの主役のカレーですが・・・こちらもスパイス感はあります!(*゚◇゚)

力のバランスでいうと、圧倒的にあめ色玉ねぎが強くはあるのですが、
カレーとしての要素が弱いかというと別にそういうことはないですね!

スープを口に含んでいると、まずは甘さが強烈にやってきますが、
ピリピリとしたスパイス感が残るぐらいのものはありますしね!

ただ自分としてはもう少しスパイスが強くてもいいかと感じましたが!
甘さと刺激がせめぎ合うスタイルを求めたくなるところはありましたね!

もうカレーよりも玉ねぎのほうが完全に目立ってしまってましたからね!

◎スープの原材料


スープの原材料はオニオン調味料、豚脂、カレー粉、小麦粉、
乳等を主要原料とする食品、でん粉、ブイヨン、香辛料、
オニオンエキス、糖類、食塩、牛脂、デキストリンです!

もう原材料からも玉ねぎのほうが主役なのが見えてきますね!
全ての原材料の中で玉ねぎが最初に来るカレーは珍しいです!

また日清らしく豚脂を加えてコクを出す手法を取っていますね!

◎麺 - 「カップヌードルカレー」のようなヌードル麺


麺は「カップヌードル」のような厚みのないタイプの油揚げ麺です!
そこそこ幅が広いので「カップヌードルカレー」の麺に近いですね!

ただ原材料が異なるので、全く同じ麺というわけではないです!(*゚ー゚)

どう見ても本格さをアピールできるような麺ではないのですが、
「スープの運び役」としてはこの麺は優秀ではあるのですよね!

なので麺よりもスープが主役という位置づけで見ていいと思います!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは454kcalとなっています!
脂質は21.1gで、そこそこ高めの数字となっていますね!

◎具材 - 大豆ビーフがたっぷり入る


具材は大豆ビーフと焦がしオニオンとなっています!

焦がしオニオンは少量でそれほど強い存在感はないですね!
しかしながら全体の玉ねぎの甘みをさらに高めてはいます!

そして肉は本物ではなく、疑似肉の大豆ビーフとなっています!(`・ω・´)

まぁ大豆ビーフも疑似肉としてはクオリティが非常に高いので、
これはこれで決して悪い具材というわけではないのですよね!

ただスープが強いので、大豆ビーフでの肉風味ではさすがに弱く、
「肉っぽい食感の何か」にとどまっているのは少々残念ですね!

そのかわり量は多く、食べごたえという点では十分ではあります!

やっぱりこの大豆ビーフはすき焼き的な味向きなのですよね!
スープの牛脂が肉風味の弱さを補ってくれたりもしますからね!

◎まとめ - とにかくまったり甘いカレーを求めるなら


とにもかくにも「あめ色玉ねぎが完全に主役」のカレーでしたね!
カレーやスパイスよりも玉ねぎの甘さとコクが前に出てましたからね!

ただこうした「甘いカレー」の1つのスタイルとしてはアリですね!

でもこの商品を食べていて感じたのは、今回のように麺で食べるより、
ご飯で食べたほうがこのカレーの風味は生きそうということでしたね!

なので、締めにご飯を投入したほうがおいしく食べられる気がしますね!

とにかくとことんまで玉ねぎの甘さで攻め立てるカレーでございました!(゚x/)モキルーヌ
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
これ、ボクも食べました。
明日、アップ予定です。
マズかあないけど、
芸能人が…ではなかったですね。
ボクは芸能人ではないから分かんないんだろうけど。
とにかく、甘い甘いカレー味でした。
おはようございます。
芸能人ってこんな甘いカレーが好きなのかな?
って勝手に思わせるくらい甘いカレーでしたね。

でも単に甘いというのもありましたが、
この製品はほかのカレー味ヌードルにはない
独特のポイントがいくつもあって見どころは多かったです。

ルゥがとにかく濃厚でそれがいい意味でも悪い意味でも
とても印象的だった気がします。
金沢のゴーゴーカレーを思わせるくどいばかりの
濃厚なルゥはとても印象的でした。
でもさすがにこの商品は再食したいとは絶対思いません (^_^;)
焼き鳥おうじさん、こんばんは!

まぁ、ロケ弁って別に芸能人の側が
「どうしてもこの店がいい」と主張してるわけでもないでしょうし、
ロケ弁でカレーが食べられるお店自体が限られてるでしょうから、
それをもって味の良さを保証するというのは無理があるのでしょうね;

まぁそれにしてもとことん甘さを追求したカレーでしたね!(●・ω・)

それゆえに特徴ははっきりしていたと言うこともできるのですが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
たういさん、こんばんは!

徹底してあめ色玉ねぎの甘さを打ち出したカレーでしたね!
たういさんがその甘さに驚いていたのがわかる内容でした!(●・ω・)

ただ砂糖をやみくもに入れて甘くしているのとは違って、
「あめ色玉ねぎでコクを出す」というコンセプトが明確でしたし、
1つのカレーとしてきちんとした個性は持っていましたよね!

それゆえに気に入る人はどっぷりとハマる可能性はありますね!

自分もリピはないですが、レトルトカレーでもし出たら、
ご飯との相性を試すために買ってみるとは思いますね!

いずれにしても他にはあまりないスタイルでしたからね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.