11/19発売 麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺! ヤバそば

11/19発売のエースコック「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺! ヤバそば」を食べました!
ラーメン店「麺屋武蔵」と蕎麦屋「かんだやぶそば」のコラボ商品となります!

ローソンのみで販売されている限定商品となっています!
ローソンからは「麺屋武蔵」とのコラボ商品がよく出ますね!

11/19発売 麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺! ヤバそば

「前代未聞」を文字った「前代未麺」という表現がなかなか面白いですね!

この商品は単純に言うと「豚骨スープベースの和そば」となっています!

同じ和風麺でもうどんは動物系スープと合わせることがけっこうありますが、
和そばで豚骨スープと合わせるというのはたしかに聞いたことがないですね!(=゚ω゚)

動物系スープ+そばでも、あくまで澄んだスープがスタンダードですし、
豚骨でしかもそこにマー油(焦がしにんにく油)が入るのは珍しいです!

ラーメンスープ+そばの組み合わせは他にもいろいろ考えられますが、
その中でも最もミスマッチ的なものをあえて合わせてきた感があります!

良くも悪くもそのスタイルだけで強烈なインパクトは与えてくれますね!

11/19発売 麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺! ヤバそば(内容物)

◎内容物 - マー油メインの液体スープと柚子七味


内容物は液体スープと柚子七味という組み合わせになっています!
液体スープはラーメン寄り、柚子七味は和風麺よりの素材ですね!

11/19発売 麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺! ヤバそば(できあがり)

思った以上にマー油の量が多くてちょっとびっくりしてしまいますね!
こんなにマー油が入る和そばってどう考えても普通はないですからね!

◎スープ - スープ構成に和風麺ぽさはなく完全にラーメンの世界


まずはスープですが・・・これはもう完全にラーメンの世界の味ですね!(●・ω・)

まず和風麺向けのスープといった要素はほとんど皆無と言っていいです!
唯一和風麺寄りなのは薬味の柚子七味のみと言っていいでしょうね!

ただ柚子も七味もラーメンで使われることはありえる素材なので、
そんなに全体を和風方向に引っ張って行ってるわけではないです!

あくまでほんのりとさわやかな風味を加えているといった程度です!

まずベースのスープはけっこうライトな豚骨スープとなっています!

このあたりはさすがに和そばとのバランスを考えたのかもですね!
豚骨の風味が強すぎるとどうしてもそばの風味を打ち消しますし!

そこにちょっとチーズが入りますが、乳製品ぽい風味は強くはなく、
あくまで豚骨を側面から軽くサポートする存在と言っていいでしょう!

いずれにしてもこの時点だと「豚骨ベースながら飲みやすい」ものです!
もしラーメンだとしたら、物足りないと指摘される可能性もありますね!

ただそうした印象を一気に覆すのが、ここに加わる大量のマー油ですね!(`・ω・´)

マー油というと焦がしにんにく油ですが、にんにくのワイルドさよりは、
焦がしによる香ばしさを中心に据えていると言っていいかもしれません!

マー油がどっさり入ることによって全体は非常に香ばしくなってますね!
またごまラー油も入るので軽いピリ辛とごま油の香ばしさも加わります!

なので、この油脂は香ばしさを高めるところに主眼があると言えますね!

「優しい豚骨スープと香ばしさメインのオイル」、こうして見てみると、
一見奇抜ながらもそれなりに和そばとの相性を意識してる感はありますね!

◎スープの原材料


スープと薬味の原材料はポークエキス、植物油脂、魚介風味調味料、
食塩、しょうゆ、動物油脂、香味油、乳化油脂、粉末しょうゆ、香辛料、
たん白加水分解物、チーズ加工品、酵母エキス、オニオンパウダー、
ポークコラーゲン、ゆずパウダー、全卵粉という構成になっています!

豚骨とマー油が主役ながら、魚介の風味もそこそこ入ってますね!
ただ体感的にはそんなに魚介ぽさを感じることはなかったですが!

◎麺 - こちらはこちらで素直なまでの和そば


麺はかなり高級感を感じさせるタイプの油揚げ麺の和そばです!

エースコックの高級和そばブランドである「THE和」の流れの麺で、
ストレート感が高く、そばの風味もしっかりとしたしなやかな麺です!

もちろんリアルなそばらしいポソッとした食感も上手く生きてます!(*゚ー゚)

ここでどうしても気になるのがスープと麺の相性なのですよね!

この商品について「和そばかラーメンか」というふうに問われたら、
自分は「これはラーメン」というふうにおそらく答えるでしょうね!

「麺を和そばにしたラーメン」というふうに言ってもいいですし、
「そば粉を練り込んだ麺を使ったラーメン」とも言えるでしょう!

たとえばラーメンの麺に全粒粉を練り込むという手法がありますが、
その流れの延長線上のようにとらえるのが最も近いように思います!

「香りを高めるためにそば粉を練り込んだ麺を使った」ラーメンです!
ただかんすいが使われていないので、その点は食感が違っていますが!

そうすると食感の違いが1つのカギにもなってくるわけですが、
中華麺のプリ感に対して和そばはどうしてもポソッとしている、
食感的には中華麺なら加水の低い麺に比較的に近いわけですよね!

そこで低加水麺が使われがちな豚骨スープと合わせることによって、
「豚骨ラーメンの麺違い版」を演出したような感じがしましたね!

ただどうしても賛否両論分かれるようなスタイルではあるのですが!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは407kcalとなっています!
脂質は18.2gで、油脂の量の割にはそこまで高くはないですね!

その分、スープそのものの脂質があまり高くないのでしょうね!

◎具材 - 鶏だんごがきっちり頑張っている


具材は鶏だんごとねぎという組み合わせになっています!
またごく少量ではありますが粗びき唐辛子も入っています!

ねぎはリアル系のものと薬味的な乾燥具材のミックスとなっています!
とりわけリアル系のねぎのほうはいい活躍をしてくれていますね!

もともと和そばも豚骨ラーメンをねぎを多用するところがあるので、
ねぎについてはその両者を繋ぐ1つのカギになっているとも言えます!

そしてもう1つの鶏だんごですが・・・これはなかなかよくできてます!(*゚◇゚)

エースコックは他社に比べるとやや具材が弱い印象がありますが、
鶏だんごは使用頻度は低いもののその質はしっかりしてるのですよね!

今回は具材についてもきちんと本気で向かってきたことがわかります!
鶏だんごであれば、そばと合わせるという点でも悪くないですからね!

◎まとめ - 香りの強いポソッとした麺を合わせたラーメン


食べる前はどうしても混乱をきたしてしまうような方向性ですが、
実際に食べてみるとおおむね狙いは見えてくるような内容ですね!

スープをラーメンと和そばのハイブリッド的な形にするのではなく、
ラーメンに特化することで「ラーメンのアレンジ版」としての個性が生まれ、
「香りの強い麺のラーメン」というふうに解釈することができましたし!

たださすが和そばなだけあって、スープに出る香りはそこそこ強いです!

「和そば」ではなく「ラーメン」の亜種として割り切るほうが楽しめる一杯です!(゚x/)モギューニ
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
この商品はほんとに驚く内容でしたね。
こんな商品をエースコックが作ってくるとはびっくりしました。
まぁ、これもコンビニ限定の発想の企画だからこそ
登場できた製品と言えるかと思います。

しかしいきなりの初企画から思い切り攻めてきましたよね!
ふつうの豚骨スープをはるかに凌駕するインパクトは強烈でした。
ただ、やはり麺とスープの相性はビミョーでしたかね~ (^_^;)
ここまでのスープに和そば合わせて果たして美味しいか?
という疑問にはしっかり答えてくれたのはすっきりしましたがww
たういさん、こんばんは!

いやぁ、これはほんとインパクト抜群の商品でしたよね!

まぁ1つのアイデアとしては思いつくとは思うのですが、
実際にそれを実行しようとはなかなか思わないでしょうしね!(●・ω・)

それにしてもこの企画はどこがスタートなのか不思議ですよね!

ローソン側なのか、エースコック側なのか、それともお店側なのか、
お店のほうもよくこの企画を許可したものだなぁと思いましたね!

でもって、なんで実際のそば屋があまり実験的な味を出さないか、
そうした背景を理解させてくれる商品にもなっていましたね!

やはり香りの強い麺ゆえの難しさがあるのでしょうね!
うどんの応用性の高さとはまた違ったものがありますね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.