ペヤング フライドポテト 激辛MAXやきそば END

「ペヤング フライドポテト 激辛MAXやきそば END」なる商品を食べました!
あの「ペヤング 激辛MAX END」をフライドポテトにしたスナック菓子です!

自分はこの商品をドラッグストアで偶然見かけて購入したのですが、
どうも11月の上旬ぐらいに発売された商品だったみたいですね!

発売情報も知らず、あえて探して見つけたわけでもなかったのですが、
あの「ペヤングEND」関連ということで迷わず購入することにしました!

販売しているメーカーは「スイートボックス」という千葉の会社です!(*゚ー゚)

自分は初めて聞きましたが、普通のペヤングのフライドポテトも出してるようで、
ペヤングのまるか食品とのつながりはこの商品の前から持っているみたいですね!

それにしても今回は「ペヤング」の関連商品ということではあるものの、
こうしてこのブログでスナック菓子を紹介するのはかなりひさびさですね!

なんと調べてみると2012年以来なので、7年ぶりということになるのですね!

ペヤング フライドポテト 激辛MAXやきそば END

うん、デザインはそのまま「ペヤングEND」を踏襲したものとなってますね!

焼そばバージョンを知っている人なら見慣れたデザインではありますが、
そうでない人はこれを見ると一瞬ちょっとギョッとするでしょうね!

袋のサイズはおおむね「ペヤングやきそば」とそこまで変わらないです!
厚みはそんなにないので、内容量はカップ麺よりははるかに少ないですが!

ペヤング フライドポテト 激辛MAXやきそば END(中身)

ということで、「ペヤング フライドポテト 激辛MAXやきそば END」を皿に出しました!
見た感じだと「ちょっと辛口のスナック系フライドポテト」という感じですね!

形状で言うと、おおむねカルビーの「ジャガビー」あたりに近いですかね!
ノーマルなフライドポテトをそのままスナック菓子にしたような雰囲気です!

◎味 - そこまでペヤング風ではないが辛さはなかなかのもの


まずはその味ですが・・・うん、1つのスナック菓子としてはおいしいです!(●・ω・)

「ペヤングEND」かと言われると、どうしても迷うところはありますけどね!

これは麺がポテトに変わったことによる体感的な変化もありますし、
何よりソースが液体ではなく粉末シーズニングになってますしね!

ただおおむね近い方向を狙いながら作っているのはたしかです!

ほんのりとした甘み、遅効性の辛さなどは「ペヤングEND」らしいです!
オニオンなどの香味野菜の風味があるのはいかにもスナック菓子的ですね!

このあたりは「ペヤングEND」の風味をそのまま再現したというよりは、
スナック菓子向けにアレンジしている要素があるようには感じました!

辛さについては食べ始めはそれほど強烈な辛さには感じなかったですね!(*゚◇゚)

「辛いけど特に苦もなく食べ進められるかな」と思えるような範囲で、
「激辛END」のようなゴリゴリと攻め立てる強烈さは感じませんでした!

ただこの商品が真価を発揮してくるのは半分以上食べたあたりからですね!

というのも、この商品の辛さは完全に遅効性かつ蓄積型のものなのですよね!
なので、後半はけっこう舌にビリビリとした強烈な辛さが残ってきます!

そのためのんびりと時間をかけて食べる人はけっこう楽にいけそうな一方で、
一気にざっくり食べようとすると後半になるにつれて苦戦するでしょうね!

スナック菓子として最上位クラスと呼べるほどの辛さまではいかないものの、
それでも十分に「激辛」を名乗っていいだけの辛さを感じることはできました!

そしてポテトそのものですが・・・こちらもなかなか質は高いですね!(=゚ω゚)

自分の印象としては「じゃがりこ」と「ジャガビー」の中間的な感じですね!
「そこそこリアルなフライドポテト感を感じさせる揚げポテト菓子」です!

食べ進めるにつれて多少は口の水分を奪ってもそもそとした感は出ますが、
それでも普通にポテト菓子として十分に楽しめるクオリティは持ってます!

密度はけっこう高いですし、リアルなじゃがいもの風味も感じますしね!

このクオリティならごく普通の塩味などでも十分に楽しめそうですね!
価格も極端には高くないので、比較的気軽に手を出せる範囲でしたし!

◎原材料と栄養成分


シーズニングの原材料は粉末ソース、グラニュー糖、食塩、たん白加水分解物、
オニオンパウダー、野菜エキスパウダー、香味油という組み合わせになってます!

こうして見るとやはり野菜に重点を置いた原材料になっていますね!
醤油などの調味料的なところにはあまり力を入れてない感じです!

内容量は48gで、カロリーは249kcalとなっています!
脂質は13.8gで、揚げ菓子ということでそこそこの数字ですね!(`・ω・´)

◎まとめ - 再現度よりも1つの激辛系お菓子として楽しむ商品


「これはペヤングENDの味だ」と直感的に感じるほどではなかったですが、
1つの遅効性の辛さを持った激辛ポテトとしては十分に楽しめましたね!

こうした商品は再現度も重要ですが、おいしく食べられるかはより大事なので、
そのあたりがきっちりと押さえられているのは良かったと思いますね!

激辛系のポテト菓子が好きな人であれば十分にオススメできるでしょう!

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
これとても美味しかったですね!
途中から食べるのが止まらなくなる感じです。
ビールとかも進みますww

でも止まらなくなるほど食べれるというのが
実際の激辛MAX ENDとの違いです。
やきそばのほうはどうしても辛くて途中で立ち止まりましたが、
このスナックはどんどん食べる感じでした。

またじゃがいもスナックとしてもクオリティ高かったですね!
じゃがの美味しさ、カリッとした食感も素晴らしかったです。
もうちょっと辛さで攻めてくれれば最高の商品でした。
たういさん、こんばんは!

もともとは発売情報も知らず、ただ偶然に買えただけでしたが、
ひさびさにスナック菓子を堪能できるいい機会になりましたね!(●・ω・)

ちゃんとフライドポテト系お菓子としても良質な内容でしたし、
じゃがいもの持っているおいしさを素直に味わえましたね!

「ペヤングEND」の再現という点だけ見るとほどほどでしたが、
スナック菓子としては激辛で、かつ遅効性の辛さが効果的で、
ついつい食べたくなってしまう力はしっかり持っていましたね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.