1/6発売 狼スープ 濃厚味噌らーめん(2020年)

1/6発売の明星「狼スープ 濃厚味噌らーめん」を食べました!
札幌の人気味噌ラーメン店のラーメンをカップ麺化した商品です!

1/6発売 狼スープ 濃厚味噌らーめん(2020年)

「狼スープ」は2年前の2018年のこの時期にもカップ麺になりましたね!
そのときも印象が良かったので、今回も十分な期待度がありますね!

札幌味噌ラーメンというと「すみれ」の系統がまず思い浮かびますが、
こちらの「狼スープ」も「すみれ」出身の人によるお店なのですよね!

「すみれ」というと、コクのある豚骨ベースに丸みのある味噌を重ねて、
そこに分厚いラードをたっぷり入れたこってり路線が特徴なのですが、
こちらのお店もおおむねその方向性を継承していると言えるのでしょう!

最近はこうした「すみれ」系味噌ラーメンもずいぶん定着しましたね!(*゚◇゚)

かつてはこうした札幌味噌系は本州ではそれほどは知られていなくて、
もっと素朴でコーンが乗ったような味噌ラーメンが多かったですしね!

今ではこうした本場の味もしっかりと知られるようになってきましたね!

1/6発売 狼スープ 濃厚味噌らーめん(2020年)(内容物)

◎内容物の構成は2年前と特に違いはなし


内容物はかやく、焼豚、粉末スープ、液体スープとなっています!
この組み合わせに関しては2年前と特に変わってはいませんね!

1/6発売 狼スープ 濃厚味噌らーめん(2020年)(できあがり)

うん、ビジュアルに関しては札幌味噌系らしい雰囲気になってますね!

◎スープ - 札幌味噌の基本を抑えつつややすっきりとして生姜が強め


まずはスープですが・・・札幌味噌らしさとすっきり感が上手く両立してますね!(●・ω・)

豚骨ベースのコクのあるスープに少し丸みのある味噌ダレを重ねて、
ラードを加えるという札幌味噌系の基本スタイルは踏襲しています!

なので、印象として「あ、札幌味噌だ」と直感的にすぐ伝わりますね!

でもって、何か特に足りないものがあると感じさせるようなことなく、
まとまりが良く、弱点のようなものが見当たらないのはポイントですね!

そんな「すみれ」系らしい札幌味噌ラーメンらしさを宿していつつも、
すっきりと食べやすいバランスに仕上げられているのも特徴と言えます!

まず1つのポイントはラードがそこまで分厚くはないという点ですね!(*゚ー゚)

たしかにラードによって札幌味噌らしさの演出はしているのですが、
分厚いラードでスープの表面を覆って温度が下がるのを防ぐとか、
そこまで強烈なラードの主張はないのでかなりすっきりしてます!

そしてもう1つのカギは生姜かなり強めであるというところですね!
この生姜の強さとラードの軽さで、すっきり感が強調されています!

なので、「札幌味噌系の味は好きだけどちょっと油脂が強くて重い」
と感じる人の場合は、このバランス感はちょうど良く感じるかもです!

おそらくこのあたりのバランスの取り方はけっこう意図的なのでしょうね!

「札幌味噌の良さを残しつつ軽めに仕上げる」ことによって、
幅広い支持を得ることを意識しているようにも感じましたね!

またほんのりとガーリックの刺激についても加えられています!

◎スープの原材料


スープの原材料はみそ、豚脂、ポークエキス、糖類、香辛料、香味油、食塩、ごま、
香味調味料、たん白加水分解物、粉末油脂、酵母エキス、酵母粉末、植物油脂です!

味噌・豚脂・豚エキスできちんとそろえてあるのは札幌味噌らしいですね!

物足りなさを感じる札幌味噌系のカップ麺はラードを減らしてしまって、
そこを植物油脂で補っているというパターンがよくあったりしますが、
この商品は脂質は抑えつつもきちんと豚脂を中心に据えていますね!

これが「すっきりしつつも物足りなさがない」ポイントかもしれません!

2年前と比べると原材料の並びには特に違いは見られませんね!

◎麺 - 平打ち系のノンフライ麺でナチュラルな質感


麺はやや平打ち気味ながらも厚みもあるノンフライ麺となっています!

明星って、こうしたナチュラルな雰囲気を持った麺に強いのですよね!

多加水寄りのプリ感を持ちつつ、極端に強い主張をするわけではなく、
非常にバランスが良く、全体とのなじみのいい麺を作るのですよね!(`・ω・´)

このあたりの弱点を感じさせない麺の作り方は非常に上手いですね!

太さや食感といい、札幌味噌系との相性の良さもしっかりと見せます!

◎麺量と栄養成分


麺の量は65gで、カロリーは397kcalとなっています!
脂質は11.8gで、これは思っていた以上に軽めの数字ですね!

2年前と比べると麺量は同じで、脂質が-2.3gでカロリーは-15kcalと、
明らかに脂質をカットしてよりすっきり路線になったのがわかります!

原材料表示の並びは同じながら、明らかに変化を加えてきてますね!

◎具材 - 全体のバランスが良く、ごまの活躍も見事


具材はチャーシュー、キャベツ、もやし、ねぎ、ごま、赤唐辛子です!

粗びき唐辛子はちょっとした軽めの薬味といったところですね!

ねぎはややリアル系で、野菜としてはキャベツともやしが活躍してます!
どちらもこのスープと相性が良く、麺に絡めて食べると良さが増しますね!

こうして食べると「具材と合わせておいしい」味噌ラーメンと言えます!
このあたりは一般的な「すみれ」系味噌ラーメンとの違いかもしれません!(=゚ω゚)

チャーシューは薄めながらもサイズは大きく、肉の風味もリアルです!
こちらも麺と一緒に食べると充実した味わいを楽しむことができます!

どの具材についてもきちんとポイントを押さえているのがいいですね!
「とりあえずいろいろ入っている」みたいな手抜き感は感じません!

そして具材の中で最も活躍しているのはごまと言っていいでしょう!

このラーメンのスープは札幌味噌ながらもすっきり感も意識してますが、
そうすることによって物足りなさに繋がってしまう側面もありながら、
そこを上手くごまによってカバーしているというところもあるでしょう!

実際にこのラーメンはものすごくごまと相性がいいのですよね!
「ごまがあることで全体が完成している」という感が強いのです!

このあたりの組み立ては実に見事だと言っていいでしょうね!

◎まとめ - 札幌味噌らしさとすっきり感、充実度が全て成立


札幌味噌としてのコクと厚みがありながらもすっきりと食べられて、
それでいて物足りなさはないそのまとめ方はさすがと言えますね!

でもって、そこに効かされた生姜のアクセントは実に効果的です!

間違いなく幅広い層に受け入れられる札幌味噌と言えるでしょう!(゚x/)モキズズズ

【関連記事】
狼スープ 濃厚味噌らーめん(2020年)
狼スープ 濃厚味噌らーめん(2018年)
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
2年ぶりの発売でしたが、
初版のクオリティかしっかり維持されていましたね!
この商品はもうこれ以上弄る部分がないくらいの完成形です。
再発売で具のコストカットとかマイナス部分がなくてよかったです。

それにしてもこの商品は麺・スープ・具、どれを取っても素晴らしいです。
とくに生姜の利いたスープはこの寒い時期には
体にしみわたるのでいっそう美味しく感じます。

明星さんはこういうどんぶり型の製品にこだわりを感じます。
中華三昧のどんぶり型製品も同じようにスキのない
高クオリティの製品が多いですからね!
この商品は来季以降も季節定番で発売してほしいものです。
たういさん、こんにちは!

ほぼ第1弾の良さがそのまま継承されていましたね!

第1弾の時点でかなり完成した味わいになっていましたし、
そこまで大きく変更しなかったのは正解だったでしょうね!(●・ω・)

札幌味噌らしい分厚さについては一定程度は意識しながらも、
すみれ系カップ麺によくあるラードの厚みとはまた違って、
生姜を中心にメリハリをつけていたのは印象に残りますね!

またごまの使い方の上手さなどもかなり光ってましたね!

そういえばこのところ明星のノンフライ麺商品が少し増えて、
明星の技術力をストレートに感じられる機会が増えてますね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.