麺と心 7 牡蠣まぜそば

2月の月別限定を求めて「麺と心 7」へと行ってまいりました!
2月の限定のテーマは「牡蠣」ということになっています!

牡蠣もちょくちょくこちらのお店ではテーマとして採用されますね!
旨味が強く個性が打ち出しやすいので使いやすいのかもしれませんね!

もっともそれだけ個性が強いので好き嫌いも多少は分かれるでしょうが、
牡蠣がどうしても苦手な人はわざわざ注文はしないでしょうしね!

自分としては牡蠣が大好きなので、大歓迎な素材ではありますね!(*゚ー゚)

自分がこちらのお店で牡蠣の限定を食べるのは昨年2月以来ですね!
そうしたこともあって、こちらのお店の2月は牡蠣のイメージがありますね!

ただその後も牡蠣の限定が一度出ていたようなと思って調べてみたら、
昨年の11月の後半に「牡蠣と山椒のらーめん」が提供されてましたね!

なので、昨年は2月後半と11月後半の2回牡蠣の限定が出ていたようです!
ただどちらも半月だったので、合わせて1ヶ月の提供とも言えますね!

昨年11月については月の前半の海老の限定を優先したのですよね!

また昨年の限定は2回ともラーメンでしたが、今回はまぜそばとなってます!
自分はもともと汁なし系が好きなので、そこに期待したいところですね!

麺と心 7 牡蠣まぜそば

ということで、今回の限定である「牡蠣まぜそば」がやってまいりました!
牡蠣を中心にトッピングの種類も豊富で、興味を惹かれるビジュアルですね!

◎スープ - 牡蠣・牡蠣・牡蠣、とにかく牡蠣一色の強烈な旨味


まずはその味ですが・・・うおぉ、ここまで牡蠣が堪能できるのはたまりませんね!(●・ω・)

このタレはもはや「味を調えた牡蠣のペースト」と言っていいぐらいに強烈です!
そして同時に「まぜそばだから出せる良さ」というものも感じさせてくれますね!

まぜそばの大きな魅力の1つって、タレの量が少ないから味が濃縮できるところで、
一方でダシやスープの旨味をそこで表現するのが苦手というところがありますが、
「牡蠣ペーストをタレにすることで濃度を最大限に表現」に成功してるのですよね!

ある意味では「濃厚系まぜそば」の1つの見本のようなスタイルと言ってもいいです!

味はほんと牡蠣一色で、牡蠣以外の素材の存在感は特に感じないぐらいに強いです!
牡蠣ペーストに調味料系を加えて、ちょうどいい味に調えたという雰囲気ですね!

タレをしっかり見ると明らかに細かくなった牡蠣がたくさん見えますし、
「牡蠣のスープ」というより牡蠣そのものを使ったのがわかりますね!

なので、しっとりとしたダシ感や優しい風味といったところはないのですが、
その分だけワイルドに牡蠣の旨味を楽しめる仕上がりになっていますね!

こうした素材をひたすらダイレクトに生かす路線はこちらのお店は強いですね!(*゚◇゚)

それゆえに素材によっては人を選びすぎる味になることもあるのですが、
牡蠣は旨味をどれだけ強く出してもいい方向に向きやすい素材なので、
このゴリゴリとパワーで押してくる路線は大正解と言えるでしょう!

牡蠣が好きな人だったらほぼ100%間違いなく満足できるでしょうし、
少なくも「物足りないとは絶対言わせない」という意思を感じますね!

◎トッピング - 長芋の天ぷらがなんだか個性的


トッピングは牡蠣、まいたけ、長芋の天ぷら、レアチャーシュー、
海苔、小松菜、白ねぎという組み合わせになっています!

あえて牡蠣と色が近いまいたけを隣に配置してるのは面白いですね!
このあたりは錯覚することを多少狙ってるようにも感じましたね!

もちろんこれらの具材の中での主役は牡蠣と言っていいでしょうね!(=゚ω゚)

特殊な味付けではなく、タレの風味とおおむね同方向の味となっていて、
タレの持っている牡蠣の旨味をより引き立てる方向に機能しています!

まいたけはキノコ具材ならではの個性的な旨味がいい感じに寄与してます!
自分の中ではキノコって貝類と非常に相性がいい印象があるのですよね!

貝類もキノコも旨味が強く、なおかつ独特の味わいを持っていることから、
両者が合わさることによって個性的な旨味の相乗効果が得られますからね!

そして全体の中でなんだか不思議な存在感を見せてるのが長芋の天ぷらです!

「なぜ牡蠣にあえて長芋を合わせたのだろう」と思ったりもするのですが、
こうして一緒に食べてみるとなかなかいい具合に交わっているのですよね!

青菜はクセが少ないことから、おそらくは小松菜なんだろうなと思います!
全体的にワイルドな味わいの中にさっぱりとした味わいを運んでくれます!

チャーシューはいつものしっとりとして香ばしさもあるレアチャーシューです!
レアチャーシューとは言っても、そこまでレア度の高いものではないのですが!

麺と心 7 牡蠣まぜそば(麺のアップ)

◎麺 - もっちりとしながらもワイルドではなくするすると入る


麺は太めでなおかつ厚みもある、まぜそば向けの太麺となっています!

この麺は先月の「あん肝白湯と秋刀魚節のつけ麺」と非常に対照的ですね!

昔はこちらのお店はおおむね同じ路線の麺を使うことが多かったですが、
最近は麺そのものの個性をメニューごとに大きく変えてきていますね!

先月のつけ麺は平打ちで、なおかつ歯切れの良さを重視してましたが、
今回は歯切れではなく、明らかにもっちり感を強く意識していますね!

まぜそば向けの麺って、ワイルドな表情を前面に出すことが多いですが、
この麺に関しては太くてもっちりしつつも洗練された印象が強いですね!(`・ω・´)

なので、麺が単体でガンガン主張してくるというのとはちょっと異なり、
食べごたえはありながらも、同時に優しくするっと入ってきますね!

◎まとめ - 「牡蠣まぜそば」の名前に負けない牡蠣の強い主張


自分がこちらのお店の「牡蠣まぜそば」に期待していたものが、
ほぼ100%に近いレベルで再現されていたと言っていい感じでした!

とにかく素材の良さをグイグイ強烈に引き出すのがこちらの強みですし、
その長所をしっかりと表現していたので満足度は非常に高かったです!

牡蠣が好きな人であれば、ほぼ確実にオススメできる一杯と言えますね!(゚x/)モキヌヌッ

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 牡蠣まぜそば(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー(2019年12月)

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : まぜそば | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
牡蠣のまぜそばとかどんな味なんでしょう?
もとからまぜそばとか食べない派なので食べ方すらわかりません。
でも牡蠣は自分も大好きなのでいいですね。

牡蠣入りの麺は自分は和蕎麦(牡蠣蕎麦)しか食べたことないです。
もちろん汁ありの温麺です。
たういさん、こんばんは!

このまぜそばは、一般的なまぜそば(油そば)のイメージではなく、
温かい麺に「牡蠣のペーストに塩や醤油で味付けしたものをかけたもの」
というふうにとらえたほうがわかりやすいと言えるでしょうね!

なので、家でも近いものはある程度再現しやすいかもです!

牡蠣を買ってきてミキサーにかけて塩味を整えたうえで、
茹でた太麺にかければそこそこ近いものになりそうですし!(●・ω・)

なので、油脂が多いとか、そういった油そばっぽさはないです!
「牡蠣のペースト汁なし麺」とでも言ったほうが近いですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.