1/13発売 カップヌードル 味噌 ぶっこみ飯

1/13発売の日清「カップヌードル 味噌 ぶっこみ飯」を食べました!
「カップヌードル ぶっこみ飯」シリーズから「味噌」が出ました!

1/13発売 カップヌードル 味噌 ぶっこみ飯

「カップヌードル ぶっこみ飯」としては、メインであるノーマル版
そして「シーフード」に続く第3作目という位置づけになります!(*゚◇゚)

「あれ、カレーヌードルは出てなかったかな」と思ったのですが、
カレーメシ カップヌードルカレー味」がかわりに出てますね!

「味噌」の「カップヌードル ぶっこみ飯」が出たのは少々驚きでしたね!
カップヌードル 味噌」って、歴史がまだそこまで長くないですからね!

それが商品化されたのは、それだけ人気が高いからでもあるのでしょう!
またご飯と相性が良さそうだから、というポイントもあるでしょうね!

1/13発売 カップヌードル 味噌 ぶっこみ飯(内容物)

例によって後入れの小袋などはなく、お湯を注ぐだけの方式です!
この画像だけだと、具材はそこまで多い感じには見えませんね!

1/13発売 カップヌードル 味噌 ぶっこみ飯(できあがり)

うん、最低限のものが一通りそろっているといったビジュアルですね!

◎スープ - 「カップヌードル 味噌」を素直に再現


まずはその味ですが・・・うん、非常にオーソドックスな味噌風味ですね!(●・ω・)

「カップヌードル 味噌」の味をどう表現するかは難しいところで、
「特徴らしい特徴がないのが個性」と言えるような感じなのですよね!

何か極めて強い特徴があるわけではなく、札幌系などとも全く異なる、
味噌の風味も赤と白の中間的で、ベースのスープもバランス重視で、
そこに香味野菜を加えたもので、すごくオーソドックスなのですよね!

しかしながらそのバランス感の高さと麺との相性の良さがいいのですよね!

カップヌードルというと、全般的に洋風のイメージがあるのですが、
純和風のシンプルな味噌ラーメンであり、かつ奇をてらってはいない、
カップヌードルとしては異色で、それをまとまりの良さで高めてます!

ほんとこのまとまりの良さが抜群で、どこにも弱点を感じさせず、
「カップ麺に求めていた最も標準的で飽きない味噌ラーメン」を、
ストレートに体現したのがこの「カップヌードル 味噌」なのですよね!

そうした良さが、今回の「ぶっこみ飯」バージョンでも生かされてます!(*゚ー゚)

そのため味の良さという点では全く弱点は感じさせないですし、
もともと味噌系スープはご飯と相性がいいのでそこも問題ないです!

ただいわゆる「猫まんま」みたいになるのは仕方ないところですが!

そしてこの商品に弱点があるとすると、やはりそこなのですよね!

味噌系スープとご飯がもともと合うだけに、それが欲しいだけなら、
カップみそ汁とおにぎりとかで近いものは作れてしまいますからね!

従来の「カップヌードル ぶっこみ飯」はカップヌードルの独自性が強いので、
その商品を買うか、あるいはカップヌードルを買ってそのスープにご飯を入れるか、
そのどちらかをしない限り「それなりに近いもの」の再現も難しかったですが、
味噌+ご飯は「別にみそ汁+ご飯でいいや」となりがちだったりしますからね!

なので、「味はいいけど、どうしてもこの商品じゃないと」と思わせるには、
もしかするとちょっと弱いところもあるのかなと思うところもありますね!

一方でこの商品だけで、味噌+ご飯が楽しめるという強みもありますが!

◎スープの原材料


スープの原材料は粉末みそ、豚脂、でん粉、食塩、ポーク調味料、
みそ調味料、ごま、チキン調味料、香辛料、砂糖、魚醤です!

ラーメン版と比べるとそれなりに原材料は変更していますね!
豚脂をやや強めてきているあたりはいかにも日清らしいですね!

◎ご飯 - いつものアルデンテ風の硬めのご飯


ご飯はいつも通りの5分湯戻しのやや硬めに仕上がるご飯です!

もう熱闘調理の日清のごはんはずいぶんと食べ慣れてきましたが、
やはりどうしても5分で完成してるとは言い難い硬さではあります!

5分の段階では明らかに3割ぐらいは芯が残っていますからね!(=゚ω゚)

ただこれぐらい硬めでないと後半まで食感が保てない弱点があるので、
まぁ気長に8分ぐらい待って食べ始めるのが本当はいいのでしょうね!

実際に後半になると硬さはなくなってナチュラルな感じになりますし!

◎ご飯の量と栄養成分


ご飯の量は69gで、カロリーは371kcalとなっています!
脂質は8.6gで、そこそこの数字といったところですかね!

69gなので、決してそこまで多いと言える数字ではないのですが、
ご飯系商品は必然的にスープも全部食べるような形になるので、
比較的満腹感を得やすいという特徴があるのはたしかですね!

◎具材 - ダイスミンチが入るのはうれしい


具材は謎肉(ダイスミンチ)、キャベツ、コーン、人参、ねぎです!

具材はラーメン版に比べるとやはりボリュームは劣りはしますね!
ただ具材の組み合わせ自体はラーメン版をそのまま継承しています!

キャベツやコーンはカップ麺の味噌ラーメンでは定番の具材ですね!
もちろんご飯と合わせても、そのあたりは上手くハマっています!

ねぎはごく軽い薬味で、人参はコリコリ感を軽く演出しています!

そして具材の主役は間違いなくダイスミンチと言っていいでしょう!(`・ω・´)

やはり肉具材が入っていると、それだけで大きく豪華さが増しますね!
特にダイスミンチとご飯を一緒に食べたときには旨さがグッと増します!

個数は決して多くないものの、この商品の大きなポイントでしょうね!

◎まとめ - 味噌であるがゆえの難しさはあるがバランスは上々


味噌+ご飯はみそ汁を利用すれば再現しやすいという問題はありますが、
「味噌ラーメンらしい味」ということでは明らかにこちらに分がありますし、
なおかつ1つの商品だけでそれが完結するのは強みと言っていいでしょう!

みそ汁+ご飯よりも、よりまったりな味噌スープとご飯が楽しめる一杯でした!(゚x/)モグスン

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー
日清のごはんシリーズ 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
最近このごはんシリーズからすっかり遠ざかっています。
でもこの商品は食べてみたいな~って思いましたね。
さすがに人気のカップヌードル味噌だけあって、
このぶっこみ飯が出るのも早かったですね。

そしてかーとさん言われるとおり、
この商品はある意味がご飯に味噌汁をかける食べ方ですよね。
それなら日常やっている人も多そうなので、
商品の特色を打ち出すのが難しいと思いました。
その中でのダイスミンチはカップヌードルらしさがあったでしょう。
たういさん、こんにちは!

たういさんは最近ずっとご飯系はスルーしてますよね!
カレーメシから出た新作も紹介はされてなかったですしね!(●・ω・)

「カップヌードル味噌」はすでにかなりの人気商品ですし、
味噌スープとご飯は相性がいいので商品化もわかりますね!

一方でみそ汁+ご飯という定番の組み合わせがあるがゆえに、
あえてこの商品である必然性が見出しにくい弱点もあって、
そのあたりがどのようにとらえられるかがカギになりますね!

ただみそ汁に比べると間違いなく濃厚な味わいではありますね!
そのあたりがファン獲得につながるかどうかでしょうかね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.