4/6発売 東京NOODLES AFURI 春限定 柚子塩らーめん 淡麗

4/6発売の日清「東京NOODLES AFURI 春限定 柚子塩らーめん 淡麗」を食べました!
日清の定番になりつつある「AFURI」シリーズからの新作となります!

4/6発売 東京NOODLES AFURI 春限定 柚子塩らーめん 淡麗

ほんと「AFURI」の再現カップ麺はすっかり日清の中心的な存在になりましたね!
少し前にはご飯バージョンである「阿夫利メシ」まで登場しましたしね!

もともとは東京の有名ラーメン店を紹介する「THE NOODLE TOKYO」にて、
その第1弾として起用されたのがこの「AFURI」だったのですよね!

なので、そのブランド自体は最初は他の店も取り上げていたのですが、
いつの頃からか「AFURI」一辺倒のブランドへと変わっていったのですよね!

おそらくはそれだけ「AFURI」の人気が高く安定していたのでしょう!

ところで今回その「THE NOODLE TOKYO」の名前が変わっているのですよね!
いつのまにか「東京NOODLES」というふうに、ちょっと変化が出ています!

またこのところ「AFURI」は季節限定系の商品がよく出てきますね!(*゚ー゚)

昨年冬には鶏油を強めた「冬限定 まろ味」が発売されていますし、
今回は逆に淡麗路線の「春限定 淡麗」という形になっています!

どちらも「柚子塩らーめん」であることに違いはないようなので、
ちょっと風味に変化をつけてきているということなのでしょう!

4/6発売 東京NOODLES AFURI 春限定 柚子塩らーめん 淡麗(内容物)

◎内容物 - いつもと同じく「黄金香油」つき


内容物はいつものようにフタに貼り付けられた「黄金香油」です!
「おうごんこうゆ」ではなく「こがねかおりあぶら」と読みます!

よく見るとこの黄金香油の袋は今も「THE NOODLE TOKYO」ですね!

4/6発売 東京NOODLES AFURI 春限定 柚子塩らーめん 淡麗(できあがり)

ビジュアルについては普段とそれほど変わりはないようですね!

◎スープ - いつもの「AFURI」を継承しつつ、柚子を強めに


まずはスープですが・・・なるほど、微妙に印象が違っていますね!(●・ω・)

前回の「まろ味」のときは、鶏油を強く打ち出しているとありながら、
実際には普段とそれほど変わらずちょっと肩透かしを食らったので、
「今回の淡麗もそうなのかな」というふうに思っていたのですが、
実際にはこの「淡麗」に関しては普段とは印象が異なってますね!

一言で言うと、柚子が強めで他の要素はやや控えめになっています!

「AFURI」というと、たしかに柚子の香りがポイントではあるのですが、
実際のメインは深みのある鶏だしと強めのかつお系の旨味なのですよね!

この2つががっぷりと組み合ったうえで、柚子がサポートをしていく、
これが「AFURI」のスープの基本スタイルと言っていいでしょう!

ですが今回はその力関係があえて逆転させられているのですよね!(*゚◇゚)

鶏だしもいつもよりいくぶん軽く、魚介はしっかりと旨味を出しつつも、
いつものようにガンガン攻め立ててくるほどのアピール感ではないです!

ただオイルについてはいつもの「AFURI」らしさを感じさせるものでしたね!
「かつお風味オイル」とでも言うような、魚介に厚みを加えさせるものです!

そのようにメインである鶏と魚介をやや控えめな方向にすると、
どうしてもスープ全体の主張が弱くなってしまうところですが、
そこを柚子をより力強くアピールすることで補っていますね!

おそらくはこの「柚子のさわやかさ」に春らしさを見出して、
そちらをより主役に据えるのがこの商品の狙いなのでしょう!

もちろん鶏+魚介+柚子+塩という構成自体は同じなので、
あくまでバランス調整によるマイナーチェンジではありますが、
それでもそこそこ個性の感じられるアレンジにはなってますね!

◎スープの原材料


スープの原材料は魚粉、チキン調味料、香味調味料、香味油、魚介調味料、食塩、豚脂、
糖類、植物油脂、魚介調味油、ゆず皮、こんぶ調味料、香辛料、しいたけ調味料です!

原材料の並びに関しては前回の「まろ味」と全く同じになってますね!

◎麺 - いつもながら質の高いストレート全粒粉麺


麺は全粒粉を練り込んだストレートタイプの油揚げ麺です!

この「AFURI」の麺は初代の頃からクオリティが高かったですが、
その後にさらに進化を続けてますますレベルアップしてますね!

この麺も間違いなく各社の油揚げ麺における最上位に近い存在です!(`・ω・´)

油揚げ麺臭が控えめで、そのストレート感はまさにリアルなもので、
パツッとした歯切れの良さ、全粒粉の香りがしっかりと生きてます!

日清の縦型油揚げ麺としては、これが最もハイレベルでしょうね!

この麺があるからこそ「AFURI」は安心感があるとも言えますしね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は多めの80gで、カロリーは431kcalとなっています!
脂質は18.8gで、麺量を考えれば比較的軽めと言えますかね!

「AFURI」って、意外と麺量が多めなのがうれしいのですよね!

面白いことに脂質もカロリーも「まろ味」よりも高いです!

なぜ「鶏油を強めた」はずの「まろ味」のカロリーが低くて、
逆に「淡麗」をうたうこちらが高いのかは謎が多いですね!

◎具材 - いつも以上に柚子皮がたっぷり


具材は炙りコロチャー、メンマ、ねぎ、柚子皮となっています!

今回は柚子皮が主役級の存在感を見せていると言っていいでしょう!(=゚ω゚)

画像を見ても柚子皮の量がかなり多いことが伝わると思います!
おそらくこの量はこれまでと比べても増えていると思われます!

やはり今回は柚子の風味に力を入れているのが伝わりますね!

一方でねぎに関しては少しクオリティを下げた感がありますね!
これは柚子皮のコストと関連しての調整というふうにも見えます!

一応はリアル系のねぎですが、ちょっと崩れやすいのですよね!
でもって白い部分が少ないので、少々存在感が薄くなってます!

メンマに関しては量はおおむね普通といったところですかね!
そこまで目立たないですが、必要な仕事はしてくれています!

そして最近の「AFURI」で欠かせないのが、この炙りコロチャーです!

カップヌードルに入っていたコロチャーを炙ったものなのですが、
この炙りを入れることで質がグッと高くなってるのですよね!

チャーシューとしてのリアル感、香ばしさ、食感どれも質が高く、
今では日清の大きな武器の1つとなっている印象がありますね!

◎まとめ - 柚子を強めることで「淡麗」を演出


基本的にはいつもの「AFURI」の延長線上にあるのですが、
鶏や魚介を少し軽くするかわりに柚子を強めるというふうに、
バランスを上手く変更してきたのは良かったと思いますね!

マイナーチェンジではありますが、変化はそこそこありましたしね!
今後はこうした「少しだけ変化を加えたAFURI」が定期的に出るのですかね!

柚子の香りをたっぷりと楽しみたいときには間違いなくオススメですね!(゚x/)モキュヌーン

【関連記事】
東京NOODLES AFURI 春限定 柚子塩らーめん 淡麗
THE NOODLE TOKYO AFURI 冬限定柚子塩らーめん まろ味
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子塩らーめん(2019年)
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子醤油らーめん
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子辣湯麺(2018年)
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子塩らーめん 全粒粉入り麺(2018年)
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子塩らーめん 全粒粉入り麺(2017年)
THE NOODLE TOKYO むぎとオリーブ 特製鶏SOBA
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子辣湯麺
THE NOODLE TOKYO 播磨坂もりずみ 限定鶏醤油らぁ麺
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子塩らーめん
THE NOODLE TOKYO Due Italian 特製らぁ麺フロマージュ
THE NOODLE TOKYO AFURI 限定鶏塩らーめん
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
結局今回はオリジナルという感じでしたね。
以前の淡麗バージョンの味もそんなに詳しく覚えていないので、
基本昔のAFURIと同じ感じということでいいでしょう。

しかし正直言ってもう自分はAFURIはちょっと飽きました (^_^;)
以前の醤油味のAFURIをもう1度食べてみたいです。
あの醤油味が好きでしたので!
たういさん、こんにちは!

今回の淡麗にしてもまろ味にしても、
味の基本構成自体はノーマル版と変わっていなくて、
そのバランスに多少の変更を加えているだけなのですよね!

淡麗なら柚子を強めて、だし感を弱めるといった感じで(●・ω・)

なので細かい変化を追わないと違いがわからないレベルですね;

これだったら前みたいにピリ辛バージョンを出してみたり、
もうちょっと思い切ったものを出してもいい気はしますね!

ノーマルに近い味が最も人気があるのかもしれませんが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.