6/15発売 ペヨング やきそば塩

6/15発売のまるか食品「ペヨング やきそば塩」を食べました!
「ペヤング」の廉価版である「ペヨング」から新作が出ました!

6/15発売 ペヨング やきそば塩

今では定着したものの、「ペヨング」の登場時はその気の抜けた名前に、
「なんだかパチモノみたい」というような声もけっこう挙がってましたが、
公式ページでも「メーカー公認のニセモノ」と表現されていましたね!

やっぱりわざと「ニセモノっぽい」雰囲気を表現していたのですね!

さて、今回は「塩」とかなりオーソドックスな路線で来ましたが、
例によってこの商品もけっこう「裏」があったりするのですよね;

もう先にネタばらししますが、この商品はもともと「ペヤング」で出た
スカルプDやきそば」の焼き増しのような位置付けなのですよね!(*゚ー゚)

簡単に言うと「スカルプDやきそば」の廉価版バージョンということです!

「スカルプDやきそば」は育毛効果をウリにした商品だったわけですが、
まさかそれが廉価版としてアレンジされるとは予想外のものでしたね!

もちろん今回は育毛効果のアピールなどは全くされていません!

「スカルプDやきそば」は具材の海藻も大きなポイントだったのですが、
それもなくなったので、何だか立ち位置がよくわからない商品になってます!

要は「スカルプDやきそばって、味で言えば塩焼そばだったから、
そのソースだけ使って普通の塩焼そばとして売るか」という感じです;

「なんて安易な・・・」と言ってしまいたくもなる商品ですが!

カップ麺マニアでもない限りはそんなところには気付きませんしね;

6/15発売 ペヨング やきそば塩(内容物)

◎内容物 - どこにも「peyong」の文字がない手抜きっぷり


内容物はごく普通にかやくと液体ソースとなっています!

ただこれまでの「ペヨング」はソースの袋に関しては
ロゴをちゃんと「peyong」とアレンジしていたのですが、
今回はかやくもソースもどちらも「ペヤング」のままです!

いくらコストダウンのためとはいえ、ちょっと手抜きしすぎですね!笑

6/15発売 ペヨング やきそば塩(できあがり)

具材はキャベツのみと、いかにも廉価版っぽい仕上がりですね!

◎ソース - 意外にきちんと塩焼そばとして成立している


まずはソースですが・・・具材が変わると印象も多少なりとも変わりますね!(●・ω・)

「スカルプD」では「具材が海藻だから、それと交わるソースを」という感じで、
ソースの構成の中でもとりわけ昆布の存在感を強く感じさせられたのですよね!

そしてそこにさけエキスの持つ魚介感が両者を結び付けている印象でした!

ただ今回は具材に海藻がなく、全体の海藻風味が大きく下がったことで、
ソースの構成自体は「スカルプDやきそば」のときと同じでありながらも、
昆布よりもむしろそれとは別の要素のほうがより前面に出てる感じでした!

それがオニオン、ガーリックなどの香味野菜と胡椒の持つ刺激でしたね!(*゚◇゚)

この「スカルプDやきそば」のソースというのは何だか面白い点があり、
一方では昆布を主体としてちょっとぬめりのある優しい味わいでありつつ、
カップ塩焼そばらしいパンチのある要素もきちんと持ってた点なのですよね!

「スカルプD」のときは、具材の海藻によって優しさがより目立ってましたが、
今回はむしろ焼そばとしてのパンチのある要素のほうが前面に出てましたね!

やや強めの胡椒に、しっかりとしたガーリックやオニオンの持っている刺激、
これによってきちんとワイルド系塩焼そばとしての個性が見えていましたね!

とはいえ、もともと2つの要素をミックスしたような焼そばだったこともあり、
ワイルド系と優しさのどちらにも偏らない中途半端なところもありましたね!

よく言えば「バランスが取れている」というふうにも言えるのですが、
どことなく方向性が曖昧という印象も残ってしまうものではありました!

ただ食べる前の予想はもっと優しいほうに傾いていると思ったので、
実際そうではなく塩焼そばらしさも強かったのは面白くはありましたね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は糖類、食塩、しょうゆ、香味油、香辛料、さけエキス、
植物油脂、オニオンエキス、びわ葉エキスパウダー、こんぶパウダーです!

並びも含めて「スカルプDやきそば」のときと全く同じですね!
なので、ソースの開発費は事実上ゼロと言っていいでしょうね!(`・ω・´)

「こういうコストカット法もあるのか」と思わされますね!

ちなみにさけエキスとびわ葉エキスパウダーの2つに関しては、
もともとは育毛効果を期待して加えられていたものですね!

特に「びわ葉エキスパウダー」はその背景を知らないと意味不明ですよね!
「なんで焼そばにびわ葉エキスがいるの?」となってしまいますし!

◎麺 - いつもの「ペヤング」の麺


麺はいつものペヤングらしい油揚げ麺となっています!

「ペヨング」だからといって、特にアレンジされてるとかはないです!
麺そのものについては何かコストカットしてるわけではないでしょう!

内容を変えてしまうほうが、逆にコストがかかるかもですしね!

もともとこの麺を使った「スカルプDやきそば」があったわけで、
そう考えれば同じ麺を使うというのは妥当ではありますね!(=゚ω゚)

ただ今回は具材による海藻の風味が減ったということもあって、
やや麺の風味が目立ってしまっているところもありましたが!

◎麺量と栄養成分


麺の量は80gで、カロリーは443kcalとなっています!
脂質は21.3gで、まぁカップ焼そばとしては普通ぐらいですかね!

麺量は基本の「ペヤング」に比べると10g少なくなっています!
この10gによって、コストカットをはかっているのでしょうね!

◎具材 - キャベツのみ


具材はキャベツのみというシンプルな構成になっています!

「キャベツのみ」と見ると、いかにも安っぽくは感じるのですが、
ペヤングの場合はキャベツに手を抜いていないのは好印象ですね!

他社だとこうした商品ではキャベツそのものの量が少なかったり、
キャベツがものすごく細かいなどの問題があったりするのですが、
こちらはキャベツの量も多く、カットもけっこう大きくなってます!

決してキャベツそのものまでクオリティを下げてはいないです!

◎まとめ - まろやかさとアクセントが同居した塩焼そば


「スカルプDやきそば」のときはとにかく海藻具材が目立ってましたが、
具材がキャベツになったことで、ソースの個性がストレートに出ましたね!

ただそれゆえにちょっと方向性が曖昧になってるところはありましたが、
1つの塩焼そばとしてきちんとまとまった内容にはなっていましたね!

これならごく普通の塩焼そばとして見ても楽しむことはできるでしょう!

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
個人的過去のペヤングのビミョーな製品と言えば、
スカルプD、夜のペヤング、チョコ義理かな~?ww
しかしその中のスカルプDのソースを
そのまま持ってくるとはペヨングと言えども
思い切ったことしましたよね・・・ (^_^;)

まぁ、ペヨングなのでこれでもいいのですが、
やっぱりなんかふりかけかスパイス的なものが
ほしかったところですね。
どうしてもソースとキャベツだけでは
味が平坦で物足りなさがありました。
ソース味のペヨングはよくできているんですがね~
たういさん、こんばんは!

ペヨングってこれまでペヤングですでに発売されている商品を
ちょっと味のグレードを落としたうえで製造するイメージでしたが、
今回は過去商品をそのままの味で出してきたのは新しかったですね!

当時のソースの味をそのまま楽しめるのをいいことと考えるか、
あるいは開発費を抑えるための手法と見るかは難しいですが、
まぁこれはこれで一応は成立していたかなとは思えましたね!(●・ω・)

とはいえ、これよりももう少しいい塩系の味もあったでしょうし、
わざわざ「スカルプD」を選んだのはなかなか謎ではありましたが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.