8/31発売 背徳のニンニク 豚醤油汁なし麺

8/31発売のサンヨー食品「背徳のニンニク 豚醤油汁なし麺」を食べました!
商品の名前からしてにんにくがガンガンに効いてることが予想できますね!

8/31発売 背徳のニンニク 豚醤油汁なし麺

「HAITOKU SERIES」となるように「背徳」がシリーズになるのですかね!
その第1弾にあたるのがこの「背徳のニンニク」なのかもしれません!

こうした特定の素材に焦点を当てる商品は最近どんどん増えてますね!
カップ麺における1つのスタイルとして定着してきている感があります!

「豚醤油」という表現を見ると、二郎系寄りなのかなとも思いますね!
そういえばそれを意識すると、黄色のデザインもそんなふうに見えますし!(=゚ω゚)

いずれにしてもワイルドなタイプの汁なしであることはたしかでしょう!

8/31発売 背徳のニンニク 豚醤油汁なし麺(内容物)

◎内容物 - 液体と粉末の2袋構成がポイント


内容物は液体ソースと粉末ソースという組み合わせです!
液体ソースをまぶしてから粉末ソースをかける方式ですね!

サンヨー食品はこのところ粉末ソースを使う汁なしをよく出しますね!

ただ調味油+粉末ソースによる2袋構成であることが多いので、
今回のように液体ソースが入っているのは少し珍しいかもです!

8/31発売 背徳のニンニク 豚醤油汁なし麺(できあがり)

具材の量はごく普通で、フライドガーリック入りなのが特徴ですね!

◎ソース - サンヨー食品らしくシーズニング的なアクセントが強め


まずはその味ですが・・・うん、かなりワイルドな味わいに仕上がってますね!(●・ω・)

液体ソースだけの時点でもそこそこにんにくは主張してきますね!
なので、にんにくは液体と粉末のダブルでアピールする形です!

液体ソースに関してはにんにくベースの醤油ダレという感じです!
そしてそこに背脂を中心とした油脂などが加わっていますね!

ベースの味わいだけを見ると、たしかに二郎系を意識してるようです!

豚骨ベースに背脂を加えて、そこににんにくが強めに主張している
醤油ダレ系統の味わいですから、二郎系ぽい雰囲気はありますね!

ですが、体感的にはそこまで二郎系には感じられないかもですね!
というのも、粉末スープの持つ主張がかなり強くなってるためです!

その粉末スープですが・・・シーズニング感が非常に強いですね!(*゚◇゚)

この粉末スープは胡椒の風味がかなり強く、スナック菓子を思わせる
シーズニングをたっぷりとかけたような印象が強まるのですよね!

そしてそれと同時に大量の乾燥にんにく粉末でジャンクさが出ます!

このように粉末スープを使ってシーズニング感を出してくると、
どうしてもスナック菓子を思わせるような印象が強まりますね!

この点が一般的な二郎系汁なしとは大きく違ってくるのですね!

ベースは二郎系ながらも、スナック的なスパイスとガーリックが加わり、
それゆえに「スナック菓子的なジャンク感」が非常に強まっています!

このシーズニング的な味わいはサンヨー食品の得意分野でもあるので、
二郎系汁なしをベースにそこを生かしてきたと言ってもいいでしょう!

「スナック的二郎系汁なし」なんて形容してもいいかもしれません!

◎ソースの原材料


ソースの原材料はしょうゆ、豚脂、香辛料、植物油脂、糖類、
たん白加水分解物、食塩、ポークエキス、酵母エキスです!

こうして見るとおおむね醤油と豚脂、スパイスで構成されてますね!
ポークエキスは控えめなので、豚骨的なまろやかさも軽めですね!

◎麺 - 幅広でややポソポソとした太麺


麺はけっこう幅広でやや厚みのある平打ち寄りの油揚げ麺です!

平打ち寄りの麺ではあってもペラペラとした印象はないです!
そこそこ厚みもあるので、けっこうパワフルな感じの麺ですね!(`・ω・´)

ただちょっと悪い意味でサンヨー食品らしいのがそのポソポソ感ですね!

他社の麺がもっちり感や歯切れの良さの表現が上がっているのに対し、
サンヨー食品は低加水寄りのポソポソとした食感のものが多いですね!

それによって全体が全体的に軽めになるという長所もありますが、
この「何だか粉っぽい」と感じる質感はやや弱点でもあります!

ただ汁なしなので、汁ありのラーメンほどは気にならないですが!

このあたりはやっぱりサンヨー食品の大きな課題でしょうね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は大盛の130gで、カロリーは752kcalとなっています!
脂質は36.1gで、かなり高めの数字となっているのがわかります!

液体ソースに含まれている油脂が意外と多めなのですよね!

◎具材 - 二郎系としてはさみしいが、最低限は整っている


具材はキャベツ、鶏・豚そぼろ、フライドガーリックという構成です!
全部先入れの具材で、ふりかけのような後入れの具材はありません!

具材の組み合わせを見ると、一応は二郎系を意識してはいますね!

とはいえ、その視点から見るとキャベツがあまりにも少ないですが!
味はごく普通ながらも、キャベツはもう少しほしいところでしたね!

鶏・豚そぼろはサンヨー食品らしい肉の味わいが非常に強いものです!(*゚ー゚)

このそぼろは風味が強いので、多少人を選ぶところはあるのですが、
今回はタレも強いので、このそぼろの主張もちょうど良かったです!

フライドガーリックは具材というよりはソースの一部に近いです!
でも口に入ってくると、いいアクセントになってくれてましたね!

◎まとめ - 二郎系とサンヨー食品的スナック感のミックス


素直に二郎系を指向する汁なしカップ麺は最近いろいろ出ていますし、
差別化をはかるという意味では意外とよくできた一杯だったかもです!

サンヨー食品はスナック的なシーズニングの活用が非常に上手いので、
それと二郎系の味わいをミックスした商品と言える内容でしたね!

これもまた一つの二郎系/にんにく系汁なしと言えるでしょう!(゚x/)モニスッ
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
この黄色と黒色のパッケージの商品、
最近ほんとに各メーカーからたくさん出てますね~。
ほんとにカップ麺界はすっかり二郎系ブームです。

そしてこの商品はニンニク風味が強烈でしたね!
ニンニク好きの自分もあまりのニンニク風味に
ほんとに途中でイヤになりました (^_^;)
まさに背徳感ある一杯です。

ベースの豚骨醤油味もはっきりしていておいしかったです。
これでもうちょっと具のキャベツとかが多ければ
もっと二郎っぽかったですよね。
たういさん、こんばんは!

商品名で「二郎系」と名乗るわけにはいかないだけに、
どこも黄色と黒のカラーでそれをアピールしてきますよね!笑

そういえばカップ麺における二郎系の先鞭をつけたのは、
間違いなくサンヨー食品だったように思うのですよね!

「富士郎」のインパクトはかなりのものがありましたしね!(●・ω・)

二郎系カップ麺はなかなか再現の難しいところはありますが、
各社どこに力を入れるかを変えながら頑張って作ってきてますね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.