9/28発売 みかさ監修 ソース焼そば(2020年)

9/28発売の明星「みかさ監修 ソース焼そば」を食べました!
今年も焼そば専門店「みかさ」が監修したソース焼そばが出ました!

9/28発売 みかさ監修 ソース焼そば(2020年)

「みかさ」が監修したカップ焼そばがはじめて出たのは2017年でしたね!

最初は「焼そば専門店の焼そばってどんなものだろう」みたいな感覚でしたが、
そのソースの完成度に度肝を抜かれて専門店の凄味を強く感じたのですよね!

そうしたこともあって、実際にファンを多く獲得したのでしょうね!
最初の発売以来、毎年この商品が発売されるようになりましたからね!

そして今年の春には「塩焼そば」が発売され、これも極めて優秀でした!(`・ω・´)

焼そばというと、どうしてもB級グルメという印象が強いですが、
「いやいや焼そばはもっと奥が深い」と感じさせる一杯でしたね!

そんな「みかさ」監修のソース焼そばの紹介は今回で3回目となります!
2019年を除いては、これまで毎回購入して食べてきたのですよね!

クオリティが高いので、以前に紹介してはいるもののまた食べたくなります!

9/28発売 みかさ監修 ソース焼そば(2020年)(内容物)

◎内容物 - W液体ソース仕様は今回も健在


内容物は2種類の液体ソースとふりかけとなっています!
この組み合わせは過去に発売された商品と全く同じです!

液体と粉末のダブルソースという仕様の商品はよくありますが、
「みかさ」は液体ソースが2種類入るという点が一味違ってます!

9/28発売 みかさ監修 ソース焼そば(2020年)(できあがり)

色の濃い後入れソースが入っているのが目を引きますね!

◎ソース - 後入れソースを加えたときの風味はやはり秀逸


まずはベースのソースですが・・・この段階では意外とノーマルなのですよね!(●・ω・)

あまり個性の強いソースではなく、かなりシンプルな構成ですね!
魚介や動物系などのうまみ成分なども特に加えられていないですし!

そんな中でちょっとした特徴になっているのがカレー粉ですね!

意識せずに食べていると気にならない程度の風味ではありますが、
よくよく味わうとふわっとカレーの香りが上がってくるのですよね!

もちろん決してカレー焼そばというようなバランスではなくて、
ソースの隠し味としてカレー粉が使われているという感じですね!

そしていくぶんソースの酸味が強いのも特徴と言えるかもです!
とはいえ、これも「ほんのり酸味が強い」というぐらいなのですが!

そこで後入れの特製ソースを加えると・・・一気に味が化けますね!(=゚ω゚)

やはりこの商品はこの後入れの特製ソースあってこそのものですね!

一言で言うと「炒めた野菜の旨味とフルーティな甘み」が特徴です!

肉や野菜を炒めたときの香ばしさと風味、そしてソースのフルーツ感、
これがグッと高まることでソースの臨場感が一気に高まるのですよね!

実際に焼そばを作ると、当然肉や野菜を炒める工程が入ってくるので、
それによって生まれる風味が全体の味に奥行きを与えるのですよね!

そうした旨味をギュッと詰め込んだソースと言ってもいいでしょう!

炒め野菜の風味だけでなく、鉄板で焼いたソースの旨味も感じられて、
香り・旨味・風味と全ての点において大きくグレードアップします!

これだけ幅と深みのある旨さを感じさせるソースはなかなかないです!

ソースのおいしさという点ではカップ焼そばNo.1と言えるほどですね!
こうした臨場感をここまで表現できるソースは他にないほどですね!

さすがは焼そば専門店が監修しているというだけのことはあって、
「何がソースの旨さを生み出しているか」を知り尽くしている感じです!

◎ソースの原材料


ソースの原材料はソース、糖類、植物油脂、食塩、デミグラスソース、
香味油、しょうゆ、ソース加工品、カレー粉、醸造酢となっています!

動物系をほぼ加えずにこの旨味を出しているのは素晴らしいですね!
もっともデミグラスソースの中に動物系の旨味が入ってはいますが!

原材料を見ると、2018年版とはけっこう変わっている点がありますね!

[2018年版のソース]


ソース、糖類、植物油脂、食塩、しょうゆ、香味調味料、ソース加工品、
ビーフエキス、香味油、カレー粉、醸造酢、香辛料

まずデミグラスソースは今回新たに加えられた要素のようですね!

そのかわりビーフエキスが抜け、しょうゆの分量が減っています!
これはビーフエキスがデミグラスソースに統合されたためでしょうね!

◎麺 - 明星の汁なし系らしいもっちり太麺


麺は明星らしさを感じる太めの汁なし向けの油揚げ麺です!

明星の太麺の汁なし向け麺は食感が非常に特徴的なのですよね!(*゚◇゚)

麺の表面は比較的やわらかめで、しっとりとした質感でありながら、
麺を噛んでみるとほどよい弾力でもっちり感を感じさせてくれます!

表面のハリで攻めるのではなく、噛んだときの弾力で個性を出す、
この表面と中心部分の質感の違いが大きな魅力となっています!

もちろんそれぞれの麺の食感に良さがあったりするわけですが、
こうした個性を感じさせる食感を見せてくれるのはうれしいですね!

「ただワイルドなだけじゃないしなやかさ」が感じられます!

◎麺量と栄養成分


麺の量は大盛の130gで、カロリーは716kcalとなっています!
脂質は29.4gで、麺量を考えるとそこまで高くはないですね!

栄養成分に関しては2018年版とそれほど変わってないです!

◎具材 - 標準的な具材にふりかけで風味に変化


具材はキャベツとチャーシューチップという組み合わせです!

キャベツはあまり多くはなく、そこまで強い存在感ではないですが、
チャーシューチップがけっこう多めに入ってるのはうれしいですね!

やはり肉具材が入ってくれると、豪華さがグッと増してくれますしね!
肉具材があるだけで「本格的な焼そば」という雰囲気が高まりますよね!

そしてふりかけはアオサと混合削り節のミックスとなっています!
削り節の内訳はかつおぶし、煮干、さばぶしとなっています!(*゚ー゚)

このふりかけで一気に全体が魚介風味になるということではなく、
ちょうどいい感じで焼そばに魚介の旨味を加えてくれています!

やっぱり焼そばってほどよい量の魚粉が入るとよく合いますしね!
このあたりは標準的な焼そばらしいふりかけと言えるでしょうね!

そういえばふりかけに紅生姜が入ってないのも特徴かもしれません!
もっとも実店舗では自分で紅生姜がちゃんとトッピングできるようですが!

◎まとめ - 今回もやはり仕上がりは素晴らしい


やっぱり何と言っても後入れのソースが見事と言えますね!

「これだけ深いソースの味わいがあるのか」と思わせてくれる、
ソースという世界の広さを見事に感じさせてくれる内容ですね!

カップラーメンは実店舗が監修している商品もけっこう多いので、
その中で「専門店ならではのノウハウ」がカップ麺にも伝わりますが、
焼そばは専門店がほとんどないのでなかなかそうならないのですよね!

そういう中で焼そば専門店の監修にスポットを当てたこの商品は偉いです!
カップ焼そばというジャンルそのものの変革にも繋がる力がありますね!

「本格派のカップ焼そば」を味わいたいときには最適と言えるでしょう!(゚x/)モキキョッキョ

【関連記事】
みかさ監修 ソース焼そば(2020年)
みかさ監修 塩焼そば
みかさ監修 ソース焼そば(2018年)
みかさ監修 ソース焼そば(2017年)
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
自分は初版以来に食べましたが、
やっぱりこのWソースは美味しいですね。
ソースだけで言うとこの組み合わせは最強でしょう。
もうこれ以上のソースはできないかもですね。

麺もトッピングも凝っているし、また食べたくなります。
この先も季節定番?でずっと発売され続けてほしいです。
明星「みかさ監修 ソース焼そば」インプレッション拝見させて頂きました。
なるほど、みかさはカップ焼きそばの分野に一石を投じたのですね。太い麺と130グラムのボリュームが若い層には大いに受けると察しております。もちろん中高年にも魅力いっぱいです。

これにソースによるアドバンテージが加われば鬼に金棒と捉えています。是非一度食したい気が致します。本日も有意義な記事に触れさせて頂きました。ありがとうございます。
たういさん、こんにちは!

「ソースのおいしいソース焼そば」という視点で見れば、
これを超える商品というのはないと言ってもいいほどですね!

これだけ「ソースの凄み」を感じさせるものはないですしね!(●・ω・)

とりわけ後入れの特製ソースの味わいが素晴らしいですね!
非常にリアル感のある野菜のおいしさが詰まってますしね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
横町さん、こんにちは!

焼そばはどうしても「プロの本格派」の味が見えないだけに、
カップ焼そばとしても突き抜けた完成度のものは少なかったですが、
こちらは専門店の力を借りることで見事な内容のものを作りましたね!

この商品はカップ焼そばへのイメージを変える一杯でしたね!(●・ω・)

「カップ焼そばでここまでできるのか」という感激がありました!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.