11/2発売 ペヤング モノホントンコツMAXやきそば

11/2発売のまるか食品「ペヤング モノホントンコツMAXやきそば」を食べました!
豚骨の風味をとことん突き詰めた焼そばが登場しました!

11/2発売 ペヤング モノホントンコツMAXやきそば

なんだかパッケージを見ただけで胸焼けがしてきそうですね(;゚ω゚)

豚骨風味の汁なし商品は各メーカーからいろいろ出てきますが、
どうもこれはその中でもかなり本気を出した商品のようですね!

ただ原材料などを見たところ、豚骨風味のみに力を入れたというよりは、
豚骨風味と豚脂の両方を強く打ち出した仕上がりになっているようです!

とすると、この商品は「油脂系MAX」シリーズの流れにあるのでしょうね!

これまで「油脂系MAX」シリーズとしては次の3商品が出てきました!

ペヤング 豚脂MAXやきそば(第3弾)
ペヤング 牛脂MAXやきそば(第2弾)
ペヤング 背脂MAXやきそば(第1弾)

このシリーズはずっとストレートに油脂だけに着目してましたが、
今回はそこに「豚骨」の要素を加えてきたとも言えそうですね!

11/2発売 ペヤング モノホントンコツMAXやきそば(内容物)

◎内容物 - 液体ソースの袋がかなり大きい


内容物はかやくと液体ソースという組み合わせになっています!
油脂の量が多いせいか、液体ソースの袋が非常に大きいですね!

でもって油脂が凝固しているので、袋をお湯につけたほうがいいです!

11/2発売 ペヤング モノホントンコツMAXやきそば(できあがり)

なんだかなるとの枚数がやたらと多いような気がしますが・・・!

◎ソース - 強烈な豚骨臭さと怒涛の豚脂が攻めてくる


まずはソースですが・・・うおっぷ、これは鼻に来る臭さですね!(●・ω・)

ちょっとこれは想像していた以上の豚骨臭を発していますね!
豚骨臭というか・・・もはや単純に「臭い」と言いたくなります;

いわゆる博多豚骨系の香りをそのまま強くしたというよりは、
ドロ系豚骨のような濃厚豚骨のむわっと来るような香りに、
呼び戻し系豚骨のような「発酵した豚骨臭」を強く感じます!

特にここでカギになっているのがこの「発酵」的な香りですね!

こうした「発酵した豚骨臭」をカップ麺で表現するのは珍しく、
鼻にツーンと来るような、そしてどことなく酸味ぽさもある、
そうした豚骨臭が食べた瞬間に鼻を抜けていくのが強烈です!

実はまぜてるときにはそこまで暴れるほどの豚骨臭ではないですが、
口に入れてからの3秒間ぐらいにやってくる香りが強烈なのですよね!

「豚骨の臭さ」という点ではここまで打ち出した商品は初でしょうね!
香りをアピールした豚骨ラーメン商品でもここまでのものはなかったです!

豚脂もかなり強いので、決して豚骨臭一辺倒ではないのですが、
それでもこの豚骨臭はさすがに人を選ぶレベルに達しています!

ダメな人はもうさすがに臭くて「うっ」と来る人もいるでしょう!

というか、自分もこの香りにはさすがにやられそうでしたからね;

そしてもう一つの主役である油脂もかなり強烈ではありますね!(*゚◇゚)

ただ「油脂系MAX」シリーズ4商品の中では3番目の油脂の量で、
脂質の量だけで言えば、前回の「豚脂MAX」などよりはマシです!

今回の脂質は46.1gで、「背脂MAX」の44.7gに近いですからね!

もちろんこの数字でもかなり異常な高さと言ってもいいのですが;

一般的な通常サイズの焼そばは普通はこの半量ぐらいの脂質ですし!

なので、普通に食べていくとカップの底には油脂がけっこう残ります!

それでも脂質だけで言うと、これまでの「油脂系MAX」よりマシですが、
ここに強烈な豚骨臭が加わることで、全体の攻撃力は非常に高いです!

というか、これまでの「油脂系MAX」4商品の中で最も強烈でしたね!

まだ過去の「油脂系MAX」はベースのタレに関してはけっこう普通で、
あくまで油脂の量や風味のみでストレートに攻めていた感じでしたが、
今回は発酵的豚骨臭が加わることで2つの方向から攻められましたからね!

それゆえ「臭すぎてリピートは勘弁してほしい」という印象でしたし;

◎ソースの原材料


ソースの原材料はラード、植物油脂、しょうゆ、ポークエキス、
香味油、食塩、糖類、香辛料、醸造酢という構成となっています!

「豚脂MAX」などに比べると、原材料も多少は変わっていますね!

まず鶏系は完全に外されて、エキスは豚系のみとなっています!
これはもちろん「トンコツMAX」を演出するためでしょうね!(*゚ー゚)

そしてガーリックペーストが外れて醸造酢が加えられています!
また油脂が動物系だけでなく、植物油脂も加えられていますね!

これもまた油脂だけで見ると、少し軽くなったのがわかりますね!
今回はたしかにあまり油脂の旨味は強調してこなかったですしね!

◎麺 - おなじみのペヤングの麺


麺はいつものペヤングと同じ中細の油揚げ麺となっています!

ラードが練り込まれた、スナック的で香ばしさのある麺ですね!

この麺はもともとどのようなソースとも相性はいいのですが、
この「油脂系MAX」と合わせるとワイルドさが強調されますね!

麺に含まれるラードとソースの豚脂が相乗効果を発揮して、
全体の重さをさらに引き上げるような効果を見せてきます!

それゆえに食べるのが余計に大変になるという面がありますが;

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは694kcalとなっています!
脂質は46.1gで、一般的なカップ焼そばと比べると異常ですね!

◎具材 - これまでの「油脂系MAX」と同じ構成


具材はメンマ、なると、ねぎという組み合わせとなっています!
これはこれまでの「油脂系MAX」の具材をそのまま踏襲しています!

「油脂系MAX」も一応は「やきそば」という名目ではあるのですが、
実際にはこのシリーズは「油そば」といったほうが近いのですよね!

それゆえに具材はラーメン的な組み合わせになっているのですよね!

ねぎで薬味の風味を加え、メンマによってラーメンらしさを出します!
またこのメンマのコリコリ感もいい食感のアクセントとなっています!

なるとは普通ですが、自分が食べたのは異様に量が多かったですね!(`・ω・´)

ただこれは自分がたまたまなるとが多い商品をつかんだだけのようです!

他の方の記事だと、少ない人は5枚、多めの人でも10枚ぐらいだったので、
自分の13枚というのはちょっと例外的に多かったと言えるでしょうね!

◎まとめ - あなどってはいけない発酵豚骨臭


まず油脂の多さだけでかなり人を選ぶ商品に仕上がっていますが、
それ以上にこの発酵豚骨臭的な臭さは強烈なものがありましたね!

一口食べるたびに「うぅ臭い」と思わされるような状態でしたし、
「よくぞここまで攻めてくれた」という気持ちもありましたね!

豚骨臭さをとことんまで楽しみたい、そういう人にはオススメです!(゚x/)モギーヌ

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
なんかまたまたペヤングさんが脂マシマシ系を出してきた~!
って、感じの商品でしたね。

換気のいいところとかそういうメッセージが
インパクトあって、ペヤングらしいなと思いました。

味的にはいままでの脂マシマシ系と同じく
醤油仕立てで具も同じ構成だったので、
その部分はちょっと新鮮味に欠ける気もしましたが、
安定の美味しさの醤油味焼そばでしたね。
たういさん、こんばんは!

いやぁ、この商品にはなかなかノックアウトされましたね!

油脂たっぷり系の醤油ソースはこれまでの延長線上ながら、
発酵させたような強烈な豚骨臭が鼻を突いてきたことで、
この系統4商品の中で食べるのに最も苦戦させられましたね!(●・ω・)

でも良くも悪くもこれだけ本気を出してくれたのは良かったです!
油脂に関してはもう少し減らしても良かったようにも思いますが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
まるか食品「ペヤング モノホントンコツMAXやきそば」インプレッション拝見させて頂きました。
ウ~ン、豚骨臭が人を選ぶレベルと聞き尋常でない特化を感じます。これは八方美人を最初から狙ってないことを意味するわけで、メーカーの本腰を感じます。
ひと癖もふた癖もある味付けと700近いカロリーは若年層や肉体労働層には好評なのでないでしょうか?
こういう個性はアドバンテージを獲得する可能性十分とお見受けしました。

◎御礼◎
本日もいい情報を頂戴しました。掲載に感謝しております。
かーとさん、いい一日をお送りください。ありがとうございます。
Good Luck!🙋‍♂️
横町さん、こんにちは!

ペヤングはこれまでも強烈な個性の商品をよく出してきますが、
ソースの風味という点ではこの商品はかなり突き抜けてましたね!(●・ω・)

自分は強い豚骨臭が好きなのですが、そんな自分でも食べた瞬間に
「これは臭い!」とうなってしまうぐらいの臭さがありましたし、
「堂々と人を選ぶ」商品を出してきたという印象でしたね!

たしかにこの商品は若年層やガテン系の方に好まれそうです!

ときにはこれぐらい強烈な個性の商品も面白いと思いますね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.