3/22発売 ぶぶか 油そば(2021年)

3/22発売の明星「ぶぶか 油そば」を食べました!
カップ油そばの代表格である「ぶぶか 油そば」がリニューアルしました!

3/22発売 ぶぶか 油そば(2021年)

「ぶぶか 油そば」はかなり歴史の長いカップ油そばではありますが、
これまでに何度もリニューアルを重ねてブラッシュアップされてますね!

麺の湯戻し時間が3分→4分→5分と徐々に長くなってきていて、
主に麺がパワーアップしているという印象が強いですね!

そしてもともとは期間限定品として定期的に発売される感じでしたが、
今は常時販売品として、コンビニなどでも常備してるケースが多いです!

もう名実ともに「カップ油そばの代表」の地位を得たのでしょう!(=゚ω゚)

実際に「カップ油そば」として真っ先に思い付くのが「ぶぶか」ですし、
売上という点で見ても、他の商品を大きく凌駕しているのでしょうね!

ラーメン店においても「油そば」はもう完全に定着していますし、
カップ油そばと実際の油そばが相乗効果を生んでる印象がありますね!

自分はこの記事を書くまで前回のリニューアルは2019年だと思い込んでいましたが、
実際には2020年にもリニューアルバージョンが発売されていたみたいですね!

2020年版はリニューアルを見逃してしまったので、2年ぶりの紹介になります!

※この記事を書いた後に2020年版を見つけたので、食べて記事にしています!

3/22発売 ぶぶか 油そば(2021年)(内容物)

◎内容物 - これまでと同様の4袋構成


内容物はかやく、液体ソース、マヨネーズ、ふりかけとなっています!
麺の湯戻し時間は5分で、この点はこれまでと変わっていないですね!

3/22発売 ぶぶか 油そば(2021年)(できあがり)

ビジュアルについてもこれまでの「ぶぶか」と特に変わりませんね!

◎ソース - 「ぶぶか」らしいチャーシューダレ中心の味わい


まずはその味ですが・・・うん、「ぶぶか」らしい味わいと言えますね!(●・ω・)

「ぶぶか」と言えばチャーシューダレ、ここに尽きるのですよね!
ここまでチャーシューダレが主役の油そばって珍しいですよね!

ちょっと甘めの醤油ダレの中に豚の旨味がしっかりと詰まっている、
この風味が「ぶぶか」の個性を決定づける味わいとなっています!

一般的にカップ油そばは豚脂でストレートに味を決める印象がありますが、
「ぶぶか」は豚脂も多めながらも、チャーシューダレの比重も強いので、
豚脂一辺倒で攻め立てるタイプの油そばとは印象が異なるのですよね!

そして油そばというと、酢の酸味も大きなポイントになるのですが、
「ぶぶか」はその中では比較的酢の酢の強さは控えめになっています!

そしてここにふりかけやマヨネーズによる変化も加わってきます!(*゚◇゚)

こうした複合的な複雑な旨味もまた「ぶぶか」の個性ですね!
特にマヨネーズによるまろやかさはいかにも「ぶぶか」らしいです!

油そばにマヨネーズを加えるのはラーメン店でも定番ですからね!

こうした「ジャンクな油そば」の一つの見本とも言える味ですね!

そしてふりかけによって、フライドガーリックの刺激を加えたり、
さらに唐辛子や胡椒の刺激、海苔の風味なども加わってきます!

こうしていろんなメリハリがつくのも「ぶぶか」の魅力ですね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は豚脂、マヨネーズ、しょうゆ、糖類、植物油脂、
豚・鶏エキス、食塩、たん白加水分解物、チャーシューペースト、
醸造酢、香辛料、香味調味料という組み合わせになっています!

ソースの構成は2019年版とほとんど違いはありませんね!

ふりかけの構成は香辛料(唐辛子、胡椒)、ねぎ、のりとなっています!

◎麺 - さらに厚みを増し、食感がさらにワイルドに


さて、今回のリニューアルで確実に大きく変化したのが麺ですね!
というか、「ぶぶか」のリニューアルはいつも麺が変わりますね!

2019年のリニューアルで5分湯戻しとなって、麺がより太くなりましたが、
今回はそこから厚みが増して、よりパワフルな食感となっています!(`・ω・´)

2019年バージョンは太くももちもちとしたほどよい弾力が魅力で、
これは明星の他の太麺系汁なしと共通するスタイルのものでした!

この絶妙のコシは自分としては非常に好きなものだったのですよね!

それに対して、今回はもっとがっしり系の食感になっていますね!

これは食感そのものを変えたのか、それとも麺の厚みが増したので、
従来の5分では硬めに仕上がるのか、そこはわからない面もあります!

ただいずれにしても、普通に作るともっちり感とがっしり感が合わさり、
以前に比べてやや硬めになるというのは間違いのないところではあります!

こうしたがっしり系の麺は二郎系などでもよく見られるものなのですが、
これは昨今の二郎系ブームを受けたリニューアルでもあるのでしょうね!

自分としては2019年バージョンの食感が最も絶妙だったと思うのですが、
「油そばらしいパワフルさ」という点では今回のほうが強くはあります!

もっちり感を素直に楽しみたいときは湯戻し時間を長くするといいでしょう!
5分30秒か、あるいは6分ぐらい待ってもいいかもしれないですね!

ところで自分が食べ損ねた2020年バージョンとの比較ですが、
2020年版では麺に新たににんにくが練り込まれたのですよね!

とすると、同じく2020年発売の「ぶぶか 台湾油そば」と同じ麺の可能性が高く、
このときは「食感は2019年版とほぼ同じで、にんにくの風味は軽め」と感じたので、
麺の食感に関しては今回よりも2019年版に近かったと見て良さそうですね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は大盛の130gで、カロリーは777kcalとなっています!
脂質は39.0gで、油そばらしく非常に高い数字となっています!

ただ全体の数字は2019年バージョンとほとんど変わらないです!

◎具材 - オーソドックスなラーメン系具材


具材はチャーシュー、メンマ、なるとという組み合わせです!
こうしたラーメン系具材なのは以前から変わらないですね!

メンマはコリコリ感とラーメンらしさを高めるのに貢献して、
なるとはビジュアル面とレトロなラーメン感を与えてくれます!

チャーシューはカップ麺的な丸い小さなタイプではありますが、
この肉の風味が全体の味と雰囲気を高めてくれているのですよね!(*゚ー゚)

こういう素朴な具材の組み合わせとなっている油そばを見ると、
「あぁ、油そばって汁無しラーメンなんだな」と実感しますね!

◎まとめ - わかりやすい変更点は麺の厚みと食感


具材やトッピングの組み合わせについては特に変わってないですし、
タレのほぼ同じで、栄養成分などもそれほど大きな変化はありません!

なので、事実上は「麺がパワフルになったぶぶか」と見ていいでしょう!

ただ今回の麺の変更は多少意見が分かれそうな感じはしますね!

でも2020年までの麺のほうが好きだった人は湯戻し時間を長めに取れば、
食感をこれまでのバージョンにある程度は近づけられると思います!

二郎系的ながっしり感への意識を少し感じるリニューアルでした!(゚x/)モギギッ

【関連記事】
ぶぶか 油そば(2021年)
ぶぶか 鬼マシ唐辛子入りふりかけ豚骨醤油らーめん
ぶぶか 鬼マシチーズ入りふりかけ 豚骨醤油らーめん
ぶぶか 台湾油そば
ぶぶか 豚丸 豚骨醤油らーめん
ぶぶか 油そば(2019年)
ぶぶか 油~めん 大盛 にんにくみそ
ぶぶか 油~めん 大盛 にんにく豚骨
ぶぶか 油そば(2018年)
ぶぶか 焦がし味噌豚骨らーめん
ぶぶか 超にんにく豚骨しょうゆらーめん
ぶぶか 油そば(2017年)
ぶぶか 醤油豚骨らーめん
ぶぶか 油そば やみつきマヨ仕上げ
ぶぶか 油そば 濃厚背脂だれ
ぶぶか にんにく辛みそ豚骨らーめん
ぶぶか 油そば カップ版(2016年)
ぶぶか 辛みそ油そば
ぶぶか にんにく背脂豚骨らーめん
ぶぶか 肉だれ油そば
ぶぶか にんにく辛豚骨らーめん
ぶぶか 油そば カップ版(2015年)
ぶぶか にんにく醤油豚骨らーめん
ぶぶか 油そば カップ版(2014年)
ぶぶか にんにく豚骨らーめん
ぶぶか 油そば カップ版(2013年)
ぶぶか 油そば マヨネーズ付
ぶぶか 油そば こがしニンニク油
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
ほう・・・、ぶぶかリニューアルなんですね。
パッケージがずっとほぼいっしょなので気づきませんでした。
というかもう自分はこの本家のぶぶか油そばは超ご無沙汰です。
汁ありとかのイレギュラーはこまめに拾っていますが。

最近お酒減らしたので食欲もりもり状態!
なので、いまならぶぶかも余裕だと思いますが、
残念ながら枠がありませんでした。
久しぶりに進化したぶぶかも食べてみたいですね。
たういさん、こんばんは!

「ぶぶか」の油そばがひさしぶりにリニューアルされましたね!
リニューアルするたびにだんだんと麺が太くなっていますね!(●・ω・)

自分はもともと「ぶぶか」の油そばが好きということもあり、
今回のリニューアルは必ず紹介しようと思っていました!

変更点も明確だったので、けっこうわかりやすかったですね!
ちょっと麺が強くなりすぎかなと思うところもありましたが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
いつも参考にさせていただき感謝しておりますが、ぶぶか油そば2020年版は食べられなかったのでしょうかね。「今回のリニューアルでは新たににんにくを練り込むことで、極太麺の食べ応えがさらにアップ」という製品なのですが。
https://www.myojofoods.co.jp/news/8521
文末の関連記事欄から過去のシリーズ情報がすぐに参照できるなど、かーとさんのブログはデータ性が優れているところに感心させされておる者なので、今回の文中で多用されている「前回」の記述は、「前々回」に訂正されたほうがよろしいかと、僭越ながら申しておきます。
汁なし麺大好き男さん、こんばんは!

2020年のバージョンが発売されていたことは全く知りませんでした;
なので、2020年のバージョンは完全に食べそこなっていますね;

ただ2020年に出た「ぶぶか 台湾油そば」もにんにく練り込み麺だったので、
おそらくはこれが2020年版「ぶぶか」と同じ麺だったのではと思いますが!(●・ω・)

このあたりを踏まえながら、記事の内容をいくつか追記いたしました!

2020年版があったけど食べてないこと、2020年版の麺の食感の推測、
「前回」表記をやめて「2019年版」とするなど、内容を改良しました!

このたびは記事の改良に役立つ有益な情報をありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.