いきなり!ステーキ 大阪羽曳野店 ヒレステーキ 280g

「いきなり!ステーキ」の大阪羽曳野店に行ってきました!

このお店に行くのは別に今回が初めてというわけではなくて、
過去に何度も言ってるのですが、記事化するのは今回が初です!

今はラーメン店以外への訪問も積極的に記事化していますからね!

「いきなり!ステーキ」というと、一時期は飛ぶ鳥を落とす勢いで、
しかしながらある時期から拙速な店舗拡大などが原因で大きく減速し、
さらにメニューやシステムの変更など迷走気味という印象があります;

特にお店のウリでもあった「肉マイレージ」システムの変更は
頻繁に通っていた常連から顰蹙を買う結果にもなってるようですし(;゚ω゚)

また以前はお肉の注文はつねに自分でg数を指定していましたが、
現在は基本的には特定の重量から選択するようになっています!

なんか「いきなり!ステーキ」らしさが薄れたとも思いますが、
これによって敷居が下がったというところはあるのかもですね!

そんなあまり良くない話題も多い「いきなり!ステーキ」ですが、
このお店ができたことで、ステーキ店に行くハードルを下げたという
そうした意義があったということは間違いなく言えるでしょうね!

それゆえ「いきなり!ステーキ」って安いというイメージもありますが、
実際には肉の部位などによってはそこまで安いわけではないのですよね!

自分は今回ヒレステーキを食べましたが、280gを注文すると、
税込で3058円なので、そんなに安いわけではないですしね!

ただしワイルドステーキなどのものすごく安いお肉もあります!
これだと300gで税込1419円なので、リーズナブルに食べられます!

でも肉質という点では、やはり他の肉のほうが良くはありますが!

またワイルドステーキは表面だけ軽く焼いて提供する方式で、
あとは自分で鉄板で好みのレベルまで熱を通す形になるので、
そうしたことによってコストを抑えている面もあるのでしょう!

一方で今回自分が注文したヒレステーキはお店で一番高いメニューです!

たまたま「ヒレ肉が食べたいな」と思ったからヒレにしただけですが!

事前に決めていなかったら、価格を見て別の部位にしたでしょうし!笑

いきなり!ステーキ 大阪羽曳野店 ヒレステーキ 280g

なんか「いきなり!ステーキ」の盛り付けってシンプルなのですよね!
なので、肉の量は多いのにそれほど豪華に見えなかったりします!

というか、良くも悪くもそのあたりもコンセプトなのでしょうけど!

肉以外の要素を減らすことで、全体のコストを下げているのでしょう!

「いきなり!ステーキ」って、もともと立ち食いの店が多かったですし、
「ファーストフード的感覚でステーキを」みたいな狙いがあったのでしょうね!

でもって、これってメニューのリニューアル前は野菜はたしか1種類のみで、
提供時の見た目は今と比べてもなんだかさみしい感じでしたからね!

最近はむしろビジュアルも少し重視するようになったと言える感じです!
もっともそれが逆に中途半端に感じられてしまうところもあるのでしょうが!

◎焼き加減 - 基本的には鉄板で自分で調整する方式


さて、今回は焼き加減は「ミディアムレア」でお願いしました!
お店のほうとしては「レア」はオススメではあるみたいですが!

ただこのヒレ肉は非常に厚みがあるので、ミディアムレアにしても、
そのままだとかなりレア度が高くなるので、ミディアムレアで注文した
その意味はあまりなかったような感じはちょっとしてしまいましたが!

というか、「いきなり!ステーキ」の焼き加減って基本的にレア寄りで、
あまり焼き加減を指定する意味がないようなところはあるのですよね!

そのかわり鉄板がアツアツなので、もう少し熱を通したい場合には、
その鉄板の熱によって好みの焼き加減にまで調整することができます!

だから結局は「レア」で注文して、あとは自分で鉄板で調整する、
これが「いきなり!ステーキ」の基本ということになるのでしょう!

特に「ワイルドステーキ」は完全にそれを前提としていますからね!

そして熱がそれ以上入るのを止めたい段階でステーキソースをかけます!(*゚ー゚)

逆に言うと、「ワイルドステーキ」などはすぐにソースをかけてはダメで、
まずは焼き加減を調整するというのが食べるポイントになりますね!

とはいえ、この焼き加減の調整ってなかなか難しいのですよね;

完全な「レア」が好きな人はあまり気にしなくていいのでしょうが、
ウェルダンまで焼きたくはないけど、レア度が高いのがちょっと苦手、
みたいな感じだとどれぐらい焼くかが意外に難しくはあったりします!

今回はちょっと自分としてはレアすぎたかなという感じになりましたし!

◎肉 - ヒレ肉らしく、脂が少なくやわらかい質感


まず、肉の上にはガーリックとガーリックバターが乗っています!
ガーリックバターは茶色いクリーム状になっているものですね!

肉は写真だと少々わかりにくいかもですが、厚みはかなりあります!
「いきなり!ステーキ」は厚切りの肉にこだわっていますからね!

ただあまり厚いとものすごくレアっぽい仕上がりになるので、
ステーキマニアでもない限りはそこまで厚くなくていいのかもですが!

やはり今回はヒレということで、肉質はかなりやわらかかったですね!(*゚◇゚)

自分としてはミディアムウェルぐらいに焼けたところが一番良かったですね!

レア度があまり高すぎるところは自分にはあまり合わないようです;
そこまでステーキマニアじゃないからというのはあるでしょうが;

というか、ヒレの場合は肉質がやわらかいということもあって、
少々強めに焼いてもそれで硬くならないのがいいのですよね!

これが「ワイルドステーキ」だとミディアムウェルぐらいまで行くと硬くなるので、
レア度がある程度高いぐらいが食べやすいバランスになったりするのでしょうが!

でもって、やはりヒレということで脂はいつもよりかなり少なかったですね!

普段は「ワイルドステーキ」や「リブロース」を食べるのですが、
脂身の多さという点では圧倒的にこちらのほうが少ないですし!

というか、少ないというよりほぼ脂身自体が存在しないですからね!

なので、「とにかくさっぱりいきたい」ときに向いているでしょうね!

また、写真はないですが、ステーキと一緒にライス大盛も注文してます!

ヒレ肉はライスとの相性という点では他の部位以上に良かったですね!
赤身のおいしさは脂身以上にライスとよく合うのかもしれません!

◎野菜 - なんだか野菜としての旨味が薄い


野菜はコーン、人参、ブロッコリー、玉ねぎとなっています!

なんか、コーンとブロッコリーは旨味が薄かったのが気になりましたね;

コーンやブロッコリーのハズレって、ほとんど体験したことがないので、
「こんな旨味の薄い野菜で珍しくないか」とちょっと驚きましたが!

コーンはあまり甘くなく、ブロッコリーもなんだか淡白な味わいでしたね!

人参はちょっと甘めに味付けされていて、これは普通な感じでしたね!(`・ω・´)

玉ねぎはもともとステーキソースと相性がいいこともあって、
ステーキの肉汁と一体化して普通に楽しむことができました!

どうせだったら、野菜はポテトにしてくれるとうれしいのですが!

◎まとめ - とにかくさっぱり肉を食べたいとき向け


これまではそこそこ脂身のある肉を注文していたこともあって、
「やっぱりヒレはずいぶんさっぱりしてる」印象が強かったです!

それゆえにワイルドにいきたいときはちょっと物足らなくなるので、
そのあたりをきちっと割り切って食べるときに向いているでしょう!

そのかわり肉質はやわらかいので、赤身を楽しむにはいいでしょうね!

また、ヒレは「レア」寄りにするよりも、そこそこ熱を通したほうがいい気はしました!

いずれまた「ワイルドステーキ」も食べて、肉質の違いも確かめたいですね!(゚x/)モキール

[メニュー]
いきなり!ステーキ 大阪羽曳野店 メニュー

お店の住所と地図 大阪府羽曳野市野467-1
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ステーキ | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.