2/8発売 ウマーメシ メキシカンチリ飯

2/8発売の日清「ウマーメシ メキシカンチリ飯」を食べました!
日清のご飯シリーズから「メキシカンチリ」系商品が出ました!

2/8発売 ウマーメシ メキシカンチリ飯

日清のご飯シリーズではいろいろなブランドが展開されていますが、
この「ウマーメシ」は世界の料理を題材にすることが多いですね!

ただこれまでは主にアジア系でしたが、今回はメキシコになりました!

「メキシカンチリ」の味そのものはけっこう想像しやすいですが、
それをご飯と合わせるというのはなんだか珍しい気がしますね!(*゚ー゚)

そういえばこの「ウマーメシ」はピリ辛系の味が不思議と多いですね!
ピリ辛系のほうが味をピシッと決めやすかったりするのかもですね!

2/8発売 ウマーメシ メキシカンチリ飯(内容物)

◎内容物 - 後入れの調味油つき


内容物はフタに貼り付けられた調味油となっています!
「ウマーの素」とありますが、中身はほぼオイルですね!

2/8発売 ウマーメシ メキシカンチリ飯(できあがり)

具材がそぼろだけなので、ちょっと見映えはさみしいですね!
ちなみに自分で粉チーズを投入するのもオススメされています!

◎スープ - 酸味とトマトが合わさったメキシカンな風味


まずはスープですが・・・うん、一発でメキシコ風だとわかる味ですね!(●・ω・)

「メキシコ料理」とだけ言われると、まずトマトが思い浮かんできて、
この時点だとイタリア料理などとの違いがわからなくなったりしますが、
こうして食べてみると、イタリア系とは全く違うことがわかりますね!

メキシコ風はトマト味をベースにさらに酸味が加わっているのですよね!
トマトの酸味にさらに別の酸味が加わる、ここがメキシコらしいですね!

そしてちょっと青唐辛子っぽい辛味とさわやかな風味が加わり、
ここに牛の動物系の要素が加わると一気にメキシコ風ですね!

とすると、カギになるのは酸味とビーフなのかもしれないですね!

トマトやチーズあたりはイタリアンとメキシカンの共通項ですが、
酸味が強い分だけ、メキシコのほうがシャープな印象があります!

後入れ調味油は主に動物系油脂で構成されている感じでしたね!(*゚◇゚)

調味油だけを少しなめてみましたが、そこまで個性的な味はなく、
一応は赤いですがそれほど辛さをアップさせるものではないです!

むしろ動物系の厚みを加えるのを最大の目的としている感じです!

商品説明では「牛脂をベース」とありますが、牛もほどほどぐらいで、
おそらくは牛脂と豚脂のミックスみたいになっていると思われます!

なので、この調味油については思ったよりもおとなしい風味ですね!

自分としてはハラペーニョソースやチーズを加えるのがオススメですね!
チーズは粉チーズでなくても細く切ったものならいいように思います!

チーズは全体にまぜるより、ときどき入れるぐらいがいいでしょう!

◎スープの原材料


スープの原材料は豚脂、食塩、香辛料(オニオン、赤唐辛子、ガーリック、
青唐辛子、ペパー、クミン、コリアンダー)、でん粉、砂糖、小麦粉、
植物油脂、ビーフ調味料、トマトパウダー、粉末しょうゆ、牛脂、麦芽糖、
チーズパウダー、ポーク調味料という組み合わせになっています!

こうして見ると、想像していた以上に複雑であることがわかりますね!

まずクミンやコリアンダーなどのスパイスも入って変化をつけていて、
さらにあらかじめチーズパウダーが入っていることもわかりますね!

いかにメキシコ料理らしくするか、かなり考えられていたのですね!

◎ご飯 - やはりお湯が多めの商品ほど硬め


ご飯はいつもの日清のご飯系らしい熱湯5分のご飯です!

やっぱり「ウマーメシ」のようにスープの量がやや多い商品のほうが、
「謎肉牛丼」のようにお湯が少ない商品より硬めになるのですよね!

顕著に違いがあったので、こうした傾向はやはり錯覚ではないのでしょう!

なので、スープが多い商品ほど5分後にいったんまぜてから、
さらに2~3分ぐらい待ったほうがいいようには感じましたね!(=゚ω゚)

◎ご飯の量と栄養成分


ご飯の量は75gで、カロリーは415kcalとなっています!
脂質は9.7gで、ご飯系商品としてはこんなものですかね!

◎具材 - ほぼそぼろのみ


具材はほぼそぼろのみで、あとは細かい赤唐辛子が入ります!

とはいえ、赤唐辛子はスープと完全に溶け込んでしまいますが!

なので、具材らしい具材はそぼろのみといったところです!

でもメキシコ料理というと、肉そぼろが欠かせないので、
それが入ることによって一定の臨場感は生まれていますね!(`・ω・´)

チリビーンズとかが入っても良かったかなとは思いますが!

◎まとめ - 味はしっかりメキシカン


具材がちょっとさみしいなど、弱点もいくつかありますが、
メキシカンな風味の再現という点では大いに頑張っています!

それによってメキシコ料理の特徴が非常によく伝わりますね!
同じトマト系でも、イタリア系とはやはり全然違いますね!

酸味の効いたトマト系ピリ辛ご飯、これもなかなかいけますね!(゚x/)モギュン

【関連記事】
日清のごはんシリーズ 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.