10/19発売 ペヤング 超大盛やきそば 社員一番の美味しい辛さ

10/19発売のまるか食品「ペヤング 超大盛やきそば 社員一番の美味しい辛さ」を食べました!
ローソン先行発売商品で、11/8から一般発売が開始されます!

10/19発売 ペヤング 超大盛やきそば 社員一番の美味しい辛さ

一見するとイマイチよくわからないテーマの商品ではありますよね!

商品説明には「ペヤングの激辛では辛すぎるという声を受け開発した」とあるので、
「ペヤング激辛をベースに、辛さを調整した商品」というふうに見て良さそうです!

なので、イメージ的には「ペヤング中辛」みたいな感じになるのですかね!

ただ基本である「ペヤングソースやきそば」と「ペヤング激辛」は、
ソースのベースそのものが全く違うので、どんな味を基本にしてるのか、
そのあたりはこの商品における一つのポイントにはなると思います!(*゚◇゚)

一応過去には「ペヤング激辛ベースの辛さなし版」というよくわからないものも、
「超大盛」のテーマとして取り上げられたことがあったりはしたのですが!

10/19発売 ペヤング 超大盛やきそば 社員一番の美味しい辛さ(内容物)

◎内容物 - 具材は「ペヤング激辛」と異なる


内容物はかやくと液体ソースとなっています!
かやくが普段の「ペヤング激辛」と異なるのが気になりますね!

10/19発売 ペヤング 超大盛やきそば 社員一番の美味しい辛さ(できあがり)

うん、具材は違うもののビジュアルは「ペヤング激辛」に近いですね!

◎ソース - 実質的な「ペヤング 火炎風やきそば」のリバイバル


まずはソースですが・・・ん、「ペヤング激辛」とはちょっと異なりますね!(●・ω・)

ちょっとここで「ペヤング激辛」のソースの原材料を見てみましょう!

[ペヤング激辛のソース]
糖類、たん白加水分解物、食塩、しょうゆ、醸造酢、ポークエキス、
植物油脂、りんご、香辛料、トマト、野菜エキス、でん粉

「ペヤング激辛」のソースは一言で言うと「フルーティな醤油ベース味」です!

実は「ペヤング激辛」はウスターソースベースのソースではなくて、
基本の「ペヤングソースやきそば」とは大きく構成が異なるのですね!

しかしながらフルーツや野菜が多めに含まれていることによって、
一定程度はソースと共通するフルーティーさと甘さが特徴となります!

なので、「ペヤング激辛」系統は辛口ながらも甘さがあるのですよね!
このあたりは「ペヤング激辛」の派生形である「獄激辛」なども同様です!

では今回の「社員一番の美味しい辛さ」は「ペヤング激辛」と
延長線上のソースかというと、どうも違っているのですよね!

醤油ベースなのは共通しつつも、フルーティーな甘みは全くなく、
ここに味噌系が加わって微妙に中華風なイメージを与えています!

ここでふと「こんな味の商品って過去になかったっけ」と思って、
2019年11月に出た「ペヤング 火炎風やきそば 超大盛」を調べると、
なんとソースの原材料が見事なまでに並びまで含めて同じじゃないですか!

要するにこの商品、社員調査によって作った完全新作のように見せつつ、
実は過去商品である「火炎風やきそば」の事実上の復刻なのですよ!

うーん、そういう商品作りってちょっとアリなのですかね?汗

ペヤングって、ときどき怪しい使い回し商品を作りますからね;
「『スカルプD』のソースの使い回し」と指摘された商品もありましたし;

ただペヤングにとって幸運(?)だったのは、「火炎風やきそば」の知名度が低く、
「火炎風やきそばの使い回し」に気付く人がほとんどいなかった点ですね!笑

そんな使い回しの味ですが、味そのものはもちろん全く悪くないです!(*゚ー゚)

醤油+味噌の味に豆板醤によってピリッとした辛さをつけた味で、
「ペヤング激辛」のようなフルーティーさは甘さはないですが、
食べやすいバランスの味になっているのはたしかではあります!

辛さについては「ペヤング激辛」よりは若干弱くはありますが、
「中辛」よりは遥かに上で、「ペヤング激辛」を激辛とするなら、
これは「ペヤング大辛」ぐらいに呼べるクラスにはなっています!

もっとも最近のペヤングは「獄激辛」などの登場によって、
完全に辛さの指標がインフレ状態になってしまっているので、
「END」や「獄激辛」を食べたことがある人にとっては、
「全然辛くないよね」と感じられてしまうとは思いますが!

◎ソースの原材料


ソースの原材料はしょうゆ、みそ、糖類、ラード、食塩、
香辛料、ポークエキス、植物油脂、豆板醤となっています!

フルーツや野菜が入らない点が「ペヤング激辛」と大きく異なり、
また醤油だけでなく、味噌も入っている点が違っていますね!

そして先に触れたように「ペヤング火炎風」と並びが同じです!

◎麺 - いつものペヤングの麺


麺はいつものペヤングの麺を超大盛仕様にしたものです!

「ペヤング 超大盛」はノーマル版ペヤングの麺を
そのまま横に2つ並べただけなので、麺は同じでしょう!(=゚ω゚)

麺の風味もいつもと同じスナック的なラード風味のものです!

◎麺量と栄養成分


麺の量は180gで、カロリーは1078kcalとなっています!
脂質は57.4gで、やはり「超大盛」ということで高いですね!

もちろん麺量に関してはノーマル版のちょうど2倍となっています!

「火炎風やきそば」とはカロリーや脂質が微妙に異なりますが、
これは具材が異なっているのが最大の理由と見ていいでしょう!

◎具材 - ここだけは「火炎風やきそば」と異なる


具材はキャベツ、人参、チャーシューチップとなっています!

「火炎風やきそば」はここに麩が加えられていたのですが、
この商品は麩が入っていないという点では異なりますね!

麩が入っていると復刻だとバレるからかなとも思いましたが、
単に珍しい具材はコストがかかるという理由なのかもです!

ただ麩が外されたのに、他の具材も当時より量が減っています!(`・ω・´)

ペヤングって、具材の量に関してはケチらない印象があるのに、
今回はちょっといつもよりも具材が少なめになっていますね!

チャーシューチップはちょっと干し肉的な旨味のあるもので、
凝縮されたような乾燥肉っぽい風味を感じることができます!

キャベツはごく普通で、人参はコリコリ感も風味もなかなか強いです!

◎まとめ - 「ペヤング激辛」とは別種の味わい


商品説明を見ると「ペヤング激辛」の亜種商品のように見えますが、
実際にはソースの方向性などが全く異なったものとなっています!

そして先に触れたように、事実上「ペヤング火炎風」の復刻なので、
「ペヤング火炎風」が好きだった人にはもちろんオススメできます!

また「ペヤング激辛より少し辛さが軽め」という点は嘘ではないので、
「ほどほどの激辛」を求めるというところからも一応は薦められます!

新開発商品のように見えて、実は復刻に近いという変わった商品でした!(゚x/)モギーヌ

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
こんばんは~!
あれ~っ、激辛ってソース味じゃなかったんですか?
たしかに成分はぜんぜん違いますね~。
もう初版とか約10年前に食べたっきりなので記憶があやふやですねww
それともあの時は斬新な激・辛さで味覚が麻痺していたのかもです?
ペヨング激辛はソース味だったのでそのへんとの混同もありそう。
しかし今回の中華風のソースはなんか個人的にビミョーでした。
たういさん、こんばんは!

実は自分も昔「ペヤング激辛」は普通のペヤングの激辛版、
すなわちウスターソースベース味だと思い込んでいたのですよ!(●・ω・)

で、そうじゃないと知ったきっかけは実はたういさんのブログで、
たういさんが「ペヤング激辛は醤油味ベース」と書いていて、
それを見て「え、そうなの?」と原材料を確かめに行ったら
ほんとにソース成分がなくて驚いたという経緯があるのです!

なので、たういさんはもともと「ペヤング激辛」=醤油ベース、
と認識されていたのですが、どこかで記憶が入れ替わったのでしょうね!

おっしゃるように「ペヨング激辛」がソース味ベースだったので、
それでついつい記憶が変わってしまったのかもしれないですね!

そして今回の商品ですが、過去商品である「ペヤング火炎風」の
ソースの使い回しということで、正直がっかり感がありましたし、
それを新開発のように見せるのはちょっと商売としてずるくないかな、
とペヤングは多少禁じ手を使ってしまったように感じましたね!

実際に「ペヤング激辛」とは方向性の違うソースでしたからね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.