10/25発売 HYBRID X 帆立×鶏 NOODLE VOICE 濃厚帆立そば

10/25発売の明星「HYBRID X 帆立×鶏 NOODLE VOICE 濃厚帆立そば」を食べました!
2つの素材を掛け合わせる「HYBRID X(クロス)」の第2弾商品となります!

10/25発売 HYBRID X 帆立×鶏 NOODLE VOICE 濃厚帆立そば

このシリーズの第1弾は「蟹×豚骨」で、かなりインパクトがありました!
それに続く第2弾ということで、こちらも大いに期待を持ちたいですね!

今回は「ホタテ×鶏白湯」で、ときどきあるスタイルのカップ麺ですね!

これまで紹介したカップ麺の中ではこれに近い路線は3つほどありました!(*゚◇゚)

麺屋一燈 ホタテ鶏油付 濃厚魚介ラーメン
竹末東京プレミアム監修 ホタテ鶏白湯ラーメン
SOUPNUTS 濃厚ホタテ味炸裂麺

おおむねこれらの商品に近いスタイルだと言っていいのでしょうね!
ホタテと鶏白湯のバランスをどう取っているのかが注目になりますね!

また、このシリーズは2つの素材のミックスというだけでなく、
同時に有名店の再現カップであるというのも特徴なのですよね!

今回はホタテ×鶏白湯で有名な「NOODLE VOICE」との監修となります!

10/25発売 HYBRID X 帆立×鶏 NOODLE VOICE 濃厚帆立そば(内容物)

◎内容物 - やや豪華な4袋構成


内容物はチャーシュー、かやく、粉末スープ、液体スープです!
かやく類はどちらも先入れで、スープ類はどちらも後入れです!

10/25発売 HYBRID X 帆立×鶏 NOODLE VOICE 濃厚帆立そば(できあがり)

うん、見た感じの雰囲気はクリーミー系鶏白湯という感じですね!

◎スープ - ホタテ優位で鶏白湯は意外と軽め


まずはスープですが・・・ん、思っていたよりもホタテが強く出ますね!(●・ω・)

これは「麺屋一燈」や「竹末東京プレミアム」とはけっこう違います!

この両者はホタテのまろやかな旨味をある程度前面に出しながらも、
同時に鶏白湯の分厚さやコクもけっこうはっきり出ていたのですよね!

それに比べると、このスープは「鶏白湯ならではの厚み」は軽めです!

どっしり感、こってり感は控えめですし、全体の下支えとして丸みがあって、
あくまで主役はホタテで、鶏白湯はそれを支える側に徹している印象でした!

ホタテの風味を優位にした組み立ては「SOUPNUTS」に多少近くはありますが、
「SOUPNUTS」のようなミルキーさはないので、そこもけっこう違いますね!

今回のラーメンはとにかく「白湯スープ」としての力強さはそれほどなく、
「ホタテのスープ」ととらえたほうが伝わりやすい感じはあるのですよね!

そして主役であるホタテですが、こちらの旨味はかなり強く出ています!(*゚ー゚)

ホタテというと、貝類の中では丸みがあってクセがない印象ですが、
この商品ではあえてホタテで強いパンチを打ち出している感じですね!

ホタテの持っている丸みのある旨味、深みなどがきちんと出ていながら、
同時に貝系らしいちょっとクセのある攻撃性もあったりしていますね!

そうした点でも「攻めたホタテスープ」という印象がけっこうしてきます!

舌の側面にじわっと広がってくるような貝特有の旨味もありますしね!

そしてちょっとしたアクセントとして粗挽き胡椒も加わっています!
これによって全体の味わいがいくぶん引き締まった感じになってますね!

◎スープの原材料


スープの原材料はチキンオイル、糖類、鶏肉エキス、食塩、しょうゆ、
植物油脂、デキストリン、粉末油脂、香味調味料、ホタテエキス、
香辛料、香味油、たん白加水分解物、とろみ粉末(でん粉、デキストリン、
植物油脂)、酵母エキスという組み合わせになっています!

おもいっきりとろみ粉末で粘度を高めているのが見えてきますね!

原材料を見ると鶏が多めながらも「鶏肉エキス」と「肉」なのですよね!
このあたりが鶏も風味重視で、重さが控えめなのにつながっているのでしょう!

◎麺 - やや硬めのプリ感重視のノンフライ麺


麺は幅がやや広めで加水が高めのノンフライ麺となっています!

規定時間で食べると、けっこう硬めに仕上がってくる麺ですね!
なので、あえて少し長めに待ってもいいようには感じました!

麺のタイプとしてはプリ感を重視した多加水系の麺ですね!
でもって、このプリ感は卵麺であることも関係してるのでしょう!(`・ω・´)

やや硬めに仕上がるところは好みが分かれるかなとも思いましたが、
麺そのもののクオリティや食べごたえはかなりのものがありますね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは375kcalとなっています!
脂質は9.7gで、ノンフライ麺としてもやや軽めですかね!

◎具材 - 玉ねぎのアクセントが印象的


具材はチャーシュー、玉ねぎ、ねぎとなっています!

画像では玉ねぎとねぎは後入れトッピングとしていますが、
実際には先入れ仕様なので、そうしたほうがいいかもです!

後入れにすると薬味としてのアクセントがいくぶん強まり、
先入れにすると玉ねぎの甘さが強めに出る感じでしょうね!(=゚ω゚)

チャーシューは小ぶりですが、肉の旨味はしっかりしています!
厚みに関してはペラペラではなく、それなりにはありますね!

ねぎに関しては、ごく普通の乾燥ねぎで薬味として機能しています!

玉ねぎは本来のお店では薬味としてアクセントになるのでしょうね!
もともと鶏白湯系のスープは玉ねぎを薬味に使うことが多いですしね!

この商品でも玉ねぎの風味はけっこうインパクトを与えてくれますね!

◎まとめ - ホタテの旨味はしっかり楽しめる


予想していたよりも鶏白湯が軽めだったのは意外ではありましたが、
そのかわりホタテの旨味に関してはしっかり楽しめる仕上がりでした!

なので、「白湯ベースでホタテの味を楽しむラーメン」として優秀ですね!

ホタテの味わいが好きな人であれば十分にオススメできるでしょう!(゚x/)モギギスー

【関連記事】
HYBRID X 帆立×鶏 NOODLE VOICE 濃厚帆立そば
HYBRID X 蟹×豚骨 crab台風。 蟹そば
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
おはようございます。
第1弾商品は「蟹x豚骨」というかなり珍しい組み合わせで、
かつ、スープの出来が素晴らしかっただけに、
今回の「帆立x鶏」という比較的おとなしい組み合わせは
ちょっと第1弾よりも地味な内容になった感じがしました。

でもこのシリーズ、スープ特化でいいシリーズですよね。
今回の味覚(舌)を澄ますと、帆立の旨味がじんわりと感じられ
なかなか奥深いスープだったと思います。

第3弾は牡蠣か雲丹・・・とブロともが予想してはりましたww
さてどんな組み合わせになるのでしょうね?、楽しみです。
たういさん、こんにちは!

この商品もよくできた内容ではあったのですが、
どうしても第1弾と比べるとかすむところはありましたね!

ホタテ+鶏白湯って、ときどきある組み合わせですしね!

次回は牡蠣、海老、雲丹、アサリあたりがありそうですかね!
あえて清湯系にしてしじみなどと合わせる手もありますよね!

あるいはマグロなんていう手もあるかもしれませんね!(●・ω・)

もっともわかりやすいところを選ぶなら鯛なのですが!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.