12/31発売 中華三昧タテ型ビッグ 重慶飯店 麻婆麺

12/31発売の明星「中華三昧タテ型ビッグ 重慶飯店 麻婆麺」を食べました!

横浜中華街にある四川料理のお店である「重慶飯店」監修商品です!
今回は縦型ビッグですが、レギュラーの縦型サイズでも発売されてます!

ただ自分はレギュラー版は食べてないので、これが初めてとなりますが!

12/31発売 中華三昧タテ型ビッグ 重慶飯店 麻婆麺

カップ版ではレギュラー・ビッグの両方で出たこの「麻婆麺」ですが、
調べてみたところ袋麺のほうではまだ発売されていないようですね!

「麻婆麺」はどうしても具材の豆腐が鍵になってくることから、
具材があらかじめ入っているカップ麺向きなのかもしれませんね!(*゚ー゚)

12/31発売 中華三昧タテ型ビッグ 重慶飯店 麻婆麺(内容物)

おっと、主役である豆腐がかなりどっさりと入っていますね!
これだったら「麻婆麺」を名乗るだけのものが感じられますね!

12/31発売 中華三昧タテ型ビッグ 重慶飯店 麻婆麺(できあがり)

仕上げに後入れの調味油を回しかけると完成となります!

まずはスープですが・・・さすが中華三昧らしい本格派ですね!(●・ω・)

日本でカップ麺化される麻婆系はどうしても和風を意識していて、
そこまで本格的な四川らしさが出ていないことが多いのですよね!

醤油感や和味噌っぽさが前面に出ていることがよくありますし、
またポイントである刺激も軽めであることが多いですからね!

そうした路線に比べると、やはりこちらはかなりしっかりしてます!

味わいはやや濃いめで、原材料を見ると和味噌系も使われているものの、
体感的には中華系の味噌や醤(ジャン)による風味を連想されますね!

でもって、甜麺醤的な甘みはけっこう抑えめになっていますね!

甜麺醤風の甘さよりは豆鼓的なシャープさのほうに近さを感じます!

なので「本格派で、なおかつ引き締まったシャープ系」の麻婆を
イメージするとおおむね近い味になるといった感じがしますね!(=゚ω゚)

一方の刺激ですが、食べ始めはけっこう軽めに感じるのですよね!

四川料理の専門店の監修ならもっとビシバシ攻めていい気がしますが、
やはりこのあたりはカップ麺化にあたってちょっと遠慮してるのですかね!

ただ食べ進めるにつれて花椒のピリピリ感が徐々に前面に出てきます!

ベースのスープにもそれなりに花椒の風味はつけられてはいますが、
むしろ比重としては後入れオイルによる刺激のほうが強くなってます!

後入れオイルも単体として見るとそこまで強烈な刺激ではないですが、
それでもピリピリと舌を痺れさせるぐらいの強さは持っていますね!

そして麻婆系らしくスープのとろみもほどほどにつけられています!
それによって麺との絡みなどがかなり向上してるのもポイントですね!

スープの原材料はデキストリン、食塩、糖類、香辛料、たん白加水分解物、
ポークエキス、豚脂、とろみ粉末(でん粉、デキストリン、植物油脂)、
みそ、香味油、植物油脂、酵母粉末、酵母エキス、香味調味料となってます!

ベースを豚で固めたうえで、ピシッと引き締めた麻婆系という感じですかね!
デキストリンなどのとろみをつけるための要素がかなり入っていますね!

麺は中細ぐらいの太さの断面の丸いノンフライ麺となっています!

少しポソポソとした面もありますが、一定の粘りやもっちり感もあり、
一つのノンフライ麺としても十分に及第点をクリアする力はあります!

でもって、やや加水が低めでスープの持ち上げがかなりいいですし、
そこにスープのとろみも入るので、スープとの絡みは非常にいいです!(*゚◇゚)

そのためお湯を少なめにすると、ちょっと味が濃いめには感じますが!
なので、お湯はごく普通に標準量は投入したほうがいいでしょうね!

麺の量は70gで、カロリーは369kcalとなっています!
脂質は8.0gで、ノンフライ系商品らしく低めとなってます!

麺量は縦型ビッグとして必要なラインは十分確保されていますね!
かといって、大盛というわけではなく、食べごたえはほどほどですが!

具材は豆腐、豚・鶏ひき肉、ねぎという組み合わせになっています!

まず主役である豆腐については十分すぎる量が入っていますね!

1つ1つはノーマルなサイズですが、これだけあれば満足度は高く、
スープとの相性ももちろんいいので、麻婆豆腐らしさは楽しめます!

この点については間違いなく充実していると言っていいでしょうね!(`・ω・´)

ただその影響もあってか、ちょっと他の具材にさみしさがありますね;

ひき肉は味は良く、麻婆豆腐らしさを引き立ててくれているのですが、
さすがに量が少なく、それゆえに肉感については多少の不満も残ります!

もうちょっと肉のほうにも力を入れてくれても良かったかもしれませんね!

味がいいひき肉だっただけに、そこはちょっともったいなく感じました!

ねぎもごく普通で量も少なめですが、こちらは薬味なので別にいいですかね!

中華三昧らしい本格派の麻婆スープにたっぷりの豆腐が楽しむことができる、
肉など一部に弱点はありながらも、長所もしっかりと持った一杯でしたね!

何か強いインパクトや驚きを感じさせるような仕上がりではないですが、
安心感がありつつ本格的なおいしさも感じさせる内容でございました!(゚x/)モニュッ

【関連記事】
中華三昧タテ型ビッグ 重慶飯店 麻婆麺
中華三昧タテ型ビッグ 赤坂榮林 酸辣湯麺
中華三昧PREMIUM 麻辣まぜそば
中華三昧PREMIUM 汁なし担々麺
中華三昧PREMIUM 濃厚担々麺
中華三昧PREMIUM 芳醇醤油広東麺
中華三昧PREMIUM 五目辣椒白湯麺
中華三昧 麻辣火鍋拉麺
中華三昧 海鮮塩タンメン
中華三昧PREMIUM 赤坂榮林 酸辣湯麺
中華三昧PREMIUM 濃厚ふかひれ雲呑麺
中華三昧PREMIUM 濃厚ふかひれ拉麺
中華三昧PREMIUM 銀座アスター監修 とろみ醤油麺
中華三昧PREMIUM 黒胡麻担々麺
中華三昧 銀座アスター監修 とろみ醤油麺
中華三昧 四川風麻婆麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/31発売 がんばれ!受験生 俺の塩 塩バター風味

12/31発売の東洋水産
「がんばれ!受験生 俺の塩 塩バター風味」
を食べました!

新年恒例の「がんばれ!受験生」シリーズからの新作です!

12/31発売 がんばれ!受験生 俺の塩 塩バター風味

毎年1/1に3~4商品が発売されるのが定番となっていますが、
今年は12/31がカップ麺の発売日である月曜日になっていたので、
こちらの商品も年内の12/31発売とちょっとだけずれたようです!

このシリーズは新年にスーパーで見るのが定番化していますね!

「俺の塩」、「麺づくり」、「和風カップ麺」の3つが基本で、
今はここにスープワンタンの商品も加わるようになっています!

スープワンタンはこのブログとしてはあまり対象にしないので、
基本的には3つのカップ麺ブランドの商品を買うことになりますが!(=゚ω゚)

毎年商品名によくわからないダジャレを入れてきたりしますが、
今年は「合格の鐘」→キンコンカン→コーンという連想です!

コーンの見た目が「鐘」っぽいという点も考慮してるかもですが!

12/31発売 がんばれ!受験生 俺の塩 塩バター風味(内容物)

内容物はかやくと液体スープのみとシンプルになっています!

この商品って「俺の塩」シリーズとしても意外に貴重なのですよね!

というのも、「俺の塩」の新作の多くは「たらこ味 大盛」系なので、
普通の「俺の塩」から出る新作はせいぜい年に1つか2つだけなのですよね!

一方でこの「受験生」シリーズには必ず「俺の塩」が含まれているので、
「俺の塩」の新作が食べられる貴重な機会だったりもするのですよね!

この点は「麺づくり」に関しても似たようなことが言えたりしますが!

12/31発売 がんばれ!受験生 俺の塩 塩バター風味(できあがり)

キャベツとコーンのみというわかりやすい仕上がりになりました!

まずはその味ですが・・・おおっと、これはクセになる力がありますね!(●・ω・)

というか、これはもう自分にとって完全にツボにハマる味ですね!

まず主役であるバター、これがしっかりと主張きていますね!

バターの持つまろやかさ、香りの深さなどが生かされていて、
それが全体の風味に丸みを持たせるという点で貢献してます!

もともと塩味とバターだけで味って決まるところがありますし、
そうしたバターの特性を最大限に生かした味わいになってますね!

で、これだけでもおおむね好みに合う味であったとは思うのですが、
素晴らしいのはここにしっかり旨味の下支えが入っている点ですね!(*゚ー゚)

塩焼そばというのは、ベースの旨味があるからこそおいしいものですし、
それは今回の「塩バター味」に関してもしっかりと生かされていますね!

塩バターの味が前面に出ながらも、その背景からじわりと旨味が広がる、
それによって単なるバター味でなく、深みを感じる味わいとなってます!

今回のソースではその下支えはポークと野菜となっているのですが、
とりわけこの野菜が優しく深い旨味を作り出しているのでしょうね!

この「俺の塩」は「旨味の効いた塩焼そば」としては最高峰ですし、
その「俺の塩」としての良さがしっかりと出てるのは見事でしたね!

ソースの原材料は植物油、砂糖、ポークエキス、たん白加水分解物、
食塩、野菜エキス、発酵調味料、香辛料という構成になっています!

こうして見ると実は乳製品系は一切入っていないのですよね!
あくまで「バターの香りをつけた植物油」ということなのでしょう!

それでもこれだけ満足させてくれるなら自分としては問題なしですが!

麺は「俺の塩」シリーズらしい1分湯戻しの極細の油揚げ麺です!

ほんとこの麺は素晴らしく、この麺だからこそ「俺の塩」は生きてる、
そういっても過言でないくらい、この麺の持っている強みは大きいです!(*゚◇゚)

極細ならではの質感、そして1分湯戻しによるプリプリとした食感、
そのどちらをとってもそのクオリティは極めて高いと言えますね!

ただこの麺の弱点としてのどにつまりやすいということがありますが、
今回はソースが液体のみだったことでそれは目立たなかったですね!

粉末スープの場合はどうしても麺の水分を吸い取ってしまいますしね!

麺の量は90gで、カロリーは502kcalとなっています!
脂質は25.4gで、まあまあ高めといったところですかね!

具材はシンプルにキャベツとコーンのみとなっています!

キャベツは湯戻しを早めるためかずいぶんと細かかったですね!
ただ細麺にはこれぐらいのキャベツが意外と合っていましたが!

コーンはやっぱりバター系のソースとは相性がいいですね!
ベタな組み合わせではありながらもやはりいいペアですね!

量もそこそこ入っていますし、バターコーン的にも楽しめます!(`・ω・´)

バターをしっかり生かしたソースにベースの旨味が活躍する、
麺はいつものように優秀で、具材もコーンとの相性がいい、
ツボにハマる人はとことんハマるだけの力は持ってますね!

というか、自分がそのモロにハマってしまったタイプなので、
これはもうスーパーで見かけたら買いだめは確定ですね!

受験シーズンが終わってもときどき食べ続けると思います!(゚x/)モギュイッ

【関連記事】(受験生シリーズ)
がんばれ!受験生 俺の塩 塩バター風味
がんばれ!受験生 とろみかきたま風うどん
がんばれ!受験生 俺の塩 ゆず香る和風だし塩焼そば
がんばれ!受験生 麺づくり しょうが醤油味
俺の塩で俺は勝つ 鶏しお焼そば(2017年)
マルちゃん 桜色のおめで鯛だしうどん(2016年)
麺づくりで点づくり 鶏だし塩白湯(2016年)
俺の塩で俺は勝つ かつおだし塩焼そば(2016年)
マルちゃん 親子でがんばる うどん(2015年)
麺づくりで点づくり 和風だし醤油味(2015年)
俺の塩で俺は勝つ ちゃんぽん味焼そば(2015年)
俺の塩で俺は勝つ 丸鶏だし塩焼そば(2013年)
麺づくりで点づくり ごまとろみしょうゆ(2011年)
マルちゃん おこげ様で合格 カレーうどん(2011年)

【関連記事】(俺の塩シリーズ)
がんばれ!受験生 俺の塩 塩バター風味
俺の塩 たらこ味 アヒージョ風 大盛
俺の塩 トリュフ香る塩焼そば
俺の塩 たらこ味 ラー油仕立て 大盛
がんばれ!受験生 俺の塩 ゆず香る和風だし塩焼そば
俺の塩 たらぺぺ味 大盛
俺の塩 辛口明太子味 大盛 からしマヨ付
俺の塩で俺は勝つ 鶏しお焼そば
俺の塩 たらこ味 大盛 からしマヨ付
俺の塩で俺は勝つ かつおだし塩焼そば
俺の塩 & 私の塩 梅しお味焼そば
俺の塩で俺は勝つ ちゃんぽん味焼そば
俺の塩 南米BBQ風塩焼そば & 青い海の塩焼そば
俺の塩 たらこ味 大盛り
俺の塩 たらこバター味 大盛り
俺の塩 明太子味
俺の塩で俺は勝つ 丸鶏だし塩焼そば
俺の塩 & 私の塩
俺の塩 AWAY編 豚骨ラーメン
俺の塩 HOME編 塩ラーメン
俺の塩 復刻版
俺の塩 うまみ塩焼そば
俺の塩 HOME編 うまみ塩焼そば
俺の塩 AWAY編 とんこつ塩焼そば
俺の塩 しょうが風味
俺の塩 たらこ味

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/31発売 行列のできる店のラーメン 真鯛鶏白湯

12/31発売の日清「行列のできる店のラーメン 真鯛鶏白湯」を食べました!

高級ブランドである「行列のできる店のラーメン」から、
ちょっと正月向けのおめでたいムードも感じさせる
「真鯛鶏白湯」というラーメンが新たに登場しました!

自分が年が明けてから最初に食べたカップ麺がこちらです!(`・ω・´)

12/25発売分までは全てちゃんと昨年中に食べたのですよね!
感想のブログ投稿はほとんど今年に回りはしたのですが!

ちなみに新年最初と言いながら食べたのは1/5なのですよね;
というのも、元日に熱を出して数日カップ麺は休んでました;

こういうときに記事のストックがいくつかあると助かりますね!

12/31発売 行列のできる店のラーメン 真鯛鶏白湯

デザインといい鯛というテーマといい新年っぽいですよね!
ただこの商品は決して単に新年向けの商品なわけではないです!

このところラーメン業界では鯛のスープが流行してるのですよね!

それも鯛煮干などではなく、鮮魚の鯛を使ったスープが基本で、
東京だけでなく、最近は大阪でもけっこう勢力を伸ばしてます!

そしてそこにこの行列シリーズも参戦したという形になります!

行列シリーズは定価で購入すると300円以上する高級ブランドですし、
最先端のスープの再現などには積極的に挑戦してほしいですからね!

12/31発売 行列のできる店のラーメン 真鯛鶏白湯(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!

粉末スープはノンフライ麺系としては珍しく先入れ仕様ですが、
麺のほぐれへの悪影響が気になる場合は後入れにしてもいいでしょう!

ただでさえこのシリーズは麺のほぐれが悪い傾向がありますからね!

12/31発売 行列のできる店のラーメン 真鯛鶏白湯(できあがり)

むむ、ビジュアルに関してはちょっとさみしい仕上がりですね;
個々の具材は悪くなさそうですが、分量はちょっと少ないです;

まずはスープですが・・・うおぉ、これは鯛がガンガン来ますね!(●・ω・)

自分もラーメン店で鮮魚系の鯛ラーメンは食べたことがありますが、
鮮魚系の鯛ラーメンに通じるフレッシュな鯛感がしっかりあって、
なおかつ焼いた鯛のような香ばしさも同居しているのですよね!

この鯛の強さは液体スープの香りの時点で期待が持てたのですよね!

というのも、液体スープから香る鯛の風味がすごかったですからね!

鯛のフレッシュ感、焼いた鯛の旨味、それらが全て凝縮されていて、
ここまでガンガン鯛をアピールするスープは珍しかったですからね!

これまでカップ麺でも鯛系のものは和風中心で登場していますが、
間違いなくその中でもトップと呼べる鯛の強さと言えるでしょう!

そして鮮魚系の鯛はどうしても一定の魚のアピールが出てくるので、
そこを香りで補佐してくれているのが薬味のゆず皮なのですよね!

それによって多少鯛の主張がマスクされるという面もあるのですが、
それ以上に鯛のクセの部分もさわやかな香りによってかき消していく、
そういう鯛に対する補完的な役割がしっかりと機能していましたね!(*゚ー゚)

さて、このラーメンは「真鯛鶏白湯」と鶏も主役の1つなのですが、
実際には動物系要素は完全に脇役に回っていると言っていいです!

旨味を支えているのは90%ぐらいが鯛で、そのバックグラウンドで
コクを支えているのが鶏をはじめとした動物系要素と言っていいです!

なので、鯛と鶏などの動物系ががっぷり組み合っているというよりは、
鶏などが鯛をしっかりと支えて前面に立てている印象がありますね!

なので、動物系要素は割合としてはそこそこ多く入っていながらも、
あえて「あまり味として主張しない」ように調整されています!

ここでスープの原材料を見ると、豚脂、しょうゆ、ポークエキス、
チキンエキス、糖類、真鯛エキス、食塩、クリーミングパウダー、
チキン調味料、香辛料、植物油脂という構成になっています!

これを見ると実は鯛以上に動物系のほうがメインになってますし、
「鶏白湯」という名前でありながら鶏よりも豚のほうが多いです!

ただこれも「主張しすぎない」ための配慮と言っていいでしょうね!

鶏と豚をミックスしてバランスを取ると双方の主張は少し隠れますし、
油脂に関しても香りの主張の強い鶏油をそのまま使うのではなくて、
風味をあまり立てない豚脂でコクを立てる形を取ってきてますからね!

「いかにサブとして効率良く機能させるか」が見える構成ですね!

実際の鯛系のラーメンを出すお店でも、主役は完全に鯛のほうで、
動物系は下支え的なので、ラーメンでもそれに近い印象になるよう
全体のバランスを調整してきたというふうにとらえられますね!

麺は中細で、やや白っぽさのあるノンフライ麺となっています!

行列シリーズの麺は湯戻し後に麺がほぐれにくいのが短所で、
ブリブリとした力強い食感が大きな特徴となっていますが、
今回は普通に4分待ってもそうした問題は感じなかったですね!

乾燥状態の麺がすでにこれまでよりもいくぶん白かったことから、
加水を少し下げることで麺ほぐれをよくしてきたのかもしれません!(*゚◇゚)

実際に食感に関してもいつもほどブリブリ感はなかったですからね!
むしろスープとのなじみのいい低~中加水麺という感触でしたし!

鯛白湯との相性という点ではおおむねこの麺で良かったでしょうね!
ただしバランス的にはややスープのほうに強く出てはいましたが!

麺の量は70gで、カロリーは393kcalとなっています!
脂質は12.1gで、それほど高い数字にはなってませんね!

具材は炭火焼チキン、柚子皮、ねぎという構成になっています!

パッケージの写真では炭火焼チキンの色がかなり濃いめでしたが、
実際には普段から使われているものと特に違いはなかったです!

量は少ないですがしっとりとした食感と1つ1つの大きさは優秀で、
鶏の風味も強く、肉感も十分で、具としての質は非常に高いです!

300円超えの商品なので、もっと入っているとうれしかったですが!(=゚ω゚)

柚子皮は具材というよりは、スープに加わるアクセントという感じです!
鯛の強い風味とこの柚子の持つ清涼感のある香りの相性がいいのですよね!

ねぎはリアル系ですが、量に関してはそこまで多くはないですね!

具材が全体的に貧弱なのが少々足を引っ張っている感はありますが、
それでもこの「鯛白湯」らしいスープの臨場感は見事でしたね!

現在のラーメン屋において浮上しつつある「鯛白湯」系ラーメンを
それをカップ麺で体験してみるという点ではかなりオススメです!

「なるほど今はこういった味のラーメンがあるのか」とわかりますし、
そこから実際のお店のほうに広がりを見せることもあるでしょうしね!

「鯛白湯」系ラーメンの再現としては非常に優秀なスープの一杯でした!(゚x/)モギュギュッ

【関連記事】
行列のできる店のラーメン 真鯛鶏白湯
行列のできる店のラーメン 海老鶏白湯
行列のできる店のラーメン 麻辣担々麺
行列のできる店のラーメン 煮干しそば
行列のできる店のラーメン 特濃担々麺(2016年)
行列のできる店のラーメン 海老担々麺
行列のできる店のラーメン TOKYO 特濃魚介とんこつ
行列のできる店のラーメン とりそば 特濃魚介鶏白湯
行列のできる店のラーメン えびそば 特濃みそ豚骨
行列のできる店のラーメン とりそば
行列のできる店のラーメン えびそば 特濃しお豚骨
行列のできる店のラーメン TOKYO NEO担々麺
行列のできる店のラーメン ネオ和歌山 極濃どろ豚骨醤油
行列のできる店のラーメン 特濃担々麺(2012年)
行列のできる店のラーメン 特濃担々麺(2011年)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

麺と心 7 花咲ガニの濃厚蟹そば

12月の限定を求めて「麺と心 7」へと行ってきました!
・・・と言っても、この12月はちょっと特殊だったのですよね!

こちらのお店では基本的に月ごとに限定メニューが変わりますが、
11~12月は限定メニューがテレビで取り上げられたこともあり、
11月に提供されていた2種類の限定が12月も継続したのですよね!

もともとは12月の途中で新しい限定に切り替わる予定でしたが、
最終的にその予定も変更され年内はずっと提供が継続されました!

自分は基本的に「その月の限定」を求めて訪問する形なので、
12月は限定メニューの切り替わりがあるのかどうかがわからず、
どのタイミングで訪問すべきがかなり迷ったところがありましたね!

早めに行き過ぎて、月の途中で切り替わってしまっても困りますしね(;゚ω゚)

2018年8月ぐらいまでは限定の切り替わりがはっきりしてましたが、
夏にレギュラーメニューの総入れ替えがあったのと時期を同じくして、
限定メニューの切り替え時期がだんだん曖昧になってるのですよね;

そのあたりはあまり気にせず気軽に訪問すればいいのだとは思いますが、
このところ「様子見しつついつ行くか探る」という時期が続いてますね!

さて、11~12月は蟹をテーマとして限定メニューが提供されてましたが、
まず第1弾として清湯寄りの一杯が、第2弾として今回の記事で紹介する
白湯寄りの粘度の高い蟹系ラーメンが出されるという形になってました!

清湯寄りのほうはすでに11月の限定としてブログで紹介してるので、
今回はもう1つの限定メニューである白湯のほうを注文しました!

こちらのお店では冬にカニのラーメンが出されるのが定番となっており、
それらは基本的にかなりドロリとした白湯系の一杯になってたのですよね!

なので、今回のラーメンはその路線に比較的近いように予想できますね!

麺と心 7 花咲ガニの濃厚蟹そば

この粘度の高そうなビジュアルはいかにも「麺と心 7」らしいですね!

まずはスープですが・・・おっと、完全なカニ一色ではないですね!(●・ω・)

過去のカニ白湯はもっとカニで完全に染まっている印象でしたが、
魚介白湯のコクとカニの旨味を一体としたような味になってますね!

粘度が高く、カニの旨味がビシッと出てくる味わいであることから、
たしかに過去のカニ白湯系ラーメンの系譜にある路線ではありますが、
奥のほうからこのお店が最大の看板とする魚介白湯の持っている旨味、
その鮮魚系の旨味が途中から交わってくるのは大きな違いではあります!

また蟹味噌系のクセをあまり感じさせないのも今年の特徴ですね!
この点は清湯バージョンのスープとも共通している点と言えます!

こちらのお店のカニ白湯は蟹味噌などカニの持つ個性の強い要素も
ドンと力強く打ち出すことでカニのワイルドさを立てていましたが、
今年に関しては魚介+蟹白湯としてのドロリとした強さは出しつつも、
カニの味わいに関してはより素朴な旨さを感じる路線になってましたね!

そしてそこにカニの旨味をさらに加えるのはカニ油となっています!
スープの上にかかっているオレンジ色のオイルがカニ油でしょうね!

カニの殻などが持っているような香ばしい旨味がしっかり凝縮され、
それによってスープ全体のカニの個性がグッと引き立ってきます!

ちなみにこのスープはかなり粘度の高いドロ系となっていることから、
オイルを全体にまぜるとあっという間にスープと同化していきますね!

スープの上にオイルが浮いている状態なのは最初のときだけです!(*゚◇゚)

ちなみにアクセントとして和山椒が加えられていたようなのですが、
今回は食べていてその存在にほとんど気付くことはなかったですね;

これだけ粘度の高い白湯系だとアクセントが隠れやすいですしね!

さて、今回のラーメンは「花咲ガニの濃厚蟹そば」となってますが、
花咲ガニというのはタラバガニに近いタイプのカニのようですね!

タラバガニは「カニ」という名前ながらズワイガニなどとは違って、
生物学的にはカニではなくヤドカリの仲間ということになるのですが、
近縁種であるこちらの花咲ガニもまたヤドカリの仲間のようですね!

トッピングはレアチャーシュー、カニ身、海苔、れんこん、ねぎです!

レアチャーシューは普段からこちらのお店で使われているものですね!

ときどき脂身が多めのものが入って困ることがあったりしますが、
今回は赤身メインでしっとりとした食感と味が楽しめました!

カニ身は花咲ガニではなく、ノーマルなズワイの身となってます!
花咲ガニに関しては完全にスープにのみ使う形なのでしょうね!

決してそれほど太いカニ脚というわけではないのですけども、
それでも実際にカニ身が入っているというだけでうれしいですね!

カニの旨味も十分にあって、しっとりとした食感が味わえます!(*゚ー゚)

れんこんはこちらのお店では定番の具材として活躍していますね!
ほどよい和風の味付けがされていて、食感とともに楽しめます!

麺と心 7 花咲ガニの濃厚蟹そば(麺のアップ)

麺はしっとり感とプリッとした弾力の両立した平打ち自家製麺です!

以前は茹で時間をやや短めにしてパツッとした食感も出してましたが、
最近はほどよいプリ感を楽しめるような状態で提供されることが多いです!

そのほうが麺とスープとのなじみ具合やバランスという点ではいいですし、
麺のしっとりとした質感にスープがたっぷり絡むのがいいのですよね!(`・ω・´)

しっとりしていても、決してやわらかい感じにはならないですしね!

個人的には過去のカニ一色のカニ白湯のほうが好みではありますが、
これまでのカニ白湯の粘度の高いカニスープを継承する一方で、
例年とは違う味わいで変化をつけてきたのは面白くもありました!

「ドロッとしながらもしっとり楽しめる一杯」になっていましたね!(゚x/)モギギョッ

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 花咲ガニの濃厚蟹そば(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー その1(2018年8月)

麺と心 7 メニュー その2(2018年8月)

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

12/24発売 わかめラーメン しじみだし・しょうゆ(2018年)

12/24発売のエースコック
「わかめラーメン しじみだし・しょうゆ」
を食べました!

12/24発売 わかめラーメン しじみだし・しょうゆ(2018年)

昨年35周年を迎えた「わかめラーメン」からの縦型商品ですが、
この3年ほど年末向けの定番商品として定着しつつありますね!

このブログでも昨年に発売されたバージョンを紹介してます!(*゚ー゚)

しじみというと肝臓にいいというふうによく言われることから、
忘年会・新年会シーズン向けにこの時期に発売してるのでしょうね!

自分はアルコールを飲まないのでそのあたりは全然関係ないのですが!

それよりも食塩の摂りすぎをカバーするような商品がありがたいですが、
塩分が多いのが基本であるカップ麺にそれを求めるのは酷でもありますね!

それにしてもクリスマスの時期にわかめ7倍わかめ3.5倍を食べたので、
わかめラーメンシリーズを見てもちょっと構えてしまうようになってますね;

もちろんこの商品はそんなメチャクチャわかめが多い商品ではないですが!

12/24発売 わかめラーメン しじみだし・しょうゆ(2018年)(内容物)

お湯入れ前の写真だとそれほどわかめが多いようには見えませんね!
ただわかめは湯戻しすると急に多くなるので油断は禁物ですが!

エースコックらしくカップの中には液体スープが入っています!
でもそれほど粉末まみれではないので取り出すのは比較的楽です!

12/24発売 わかめラーメン しじみだし・しょうゆ(2018年)(できあがり)

うん、やはりわかめラーメンらしくわかめはたっぷり入ってますね!

(*・ω・)わかめアートは?
         クリスマスはとっくに終わりました!(・ω・*)

(*・ω・)12/24発売やから期待するやん
         シャラップ!(・ω・*)

この写真では撮影用にわかめを多少横にほうにずらしていますが、
普通に作るとちゃんと麺が全部隠れるぐらいにわかめがあります!

メンマとコーンが入るという構成もわかめラーメンらしいですね!

まずはスープですが・・・うん、しじみの風味がしっかりします!(●・ω・)

わかめラーメンシリーズはもともと魚介寄りのスープなので、
こうした貝系の味わいとも非常に相性がいいのですよね!

なので、レギュラー版とは異なるアレンジ商品という位置づけながら、
これがそのままレギュラー商品になっても不思議でない安定感があります!

わかめからにじみ出るおいしさとしじみの少しクセを感じさせる
二枚貝特有の旨味が合わさることで磯の旨さを強く感じます!

わかめとしじみの相性はもう間違いないと言っていいでしょうし、
レギュラーのわかめラーメン以上と言えるぐらいのマッチングです!

この2つの素材は味噌汁とかだと、両方入ることもありますからね!
そういう点からその相性の良さはよく知られたものとも言えますね!

そしてベースとして軽めではあるものの動物系も入っています!

レギュラーのわかめラーメンには動物系の要素が全く入らないので、
この商品に合わせてしじみ以外も多少の調整はしてるのですね!

また生姜や白胡椒などの香辛料も多少加えられてはいるのですが、
この点はレギュラーのわかめラーメンよりは明らかに控えめです!(=゚ω゚)

レギュラーのわかめラーメンはスパイスが後入れになっていますが、
こちらは粉末スープの中にちょこっと仕込まれているだけですからね!

なので、基本のわかめラーメンよりは刺激が控えめでしっとり、
そのかわりしじみによって旨味が厚みなっているという感じです!

そこに少しの油脂によって軽くコクを与える感じになってますね!

スープの原材料はしょうゆ、植物油脂、食塩、デキストリン、糖類、
香辛料、でん粉、たん白加水分解物、魚醤、酵母エキス、オルニチン、
シジミエキス、香味油、ポーク調味料という構成になっています!

昨年版の「しじみだし・しょうゆ」とちょっと比較してみましょう!

[2017年版のしじみだし・しょうゆ]
しょうゆ、植物油脂、食塩、デキストリン、糖類、香辛料、
でん粉、たん白加水分解物、酵母エキス、魚醤、オルニチン、
シジミエキス、香味油、鶏・豚エキス

ごく微妙に一部の順番が変わり、動物系から鶏が外されてますね!

ただもともとスープの中における動物系の比重が少ないことから、
全体の味わいはおおむね昨年版を踏襲していると言えるでしょう!

麺はごくオーソドックスな断面の丸い中細の油揚げ麺となっています!

特にひねりはなく、ちょっとスナック感のある普通の油揚げ麺で、
早めに食べ始めるとちょっとだけポソッとした食感があって、
時間が経つにつれてスープとのなじみが良くなってきますね!(*゚◇゚)

それでもやはり一定の油揚げ麺の風味は持っていることから、
早めに食べ始めるとちょっとスープとぶつかる面はあります!

ただもともとこの麺は単体で楽しむようなタイプではないので、
少し遅めに食べてスープとのなじみを良くするほうがいいですね!

そうすると相対的に油揚げ麺の風味もあまり感じなくなりますしね!

麺の量は70gで、カロリーは365kcalとなっています!
脂質は15.8gで、麺量を考えるとおおむね標準的ですね!

縦型になって全体的な見た目がコンパクトになっていることから、
レギュラーのわかめラーメンよりも量が少ないと思われるかもですが、
実はレギュラー版の麺量は64gなので、こちらのほうが多いのですね!

なので、決してボリュームが劣っているといったことはありません!
一応は「縦ロング」系商品なので、麺量はそこそこあるのですよね!

具材はわかめ、コーン、メンマ、金ごまという組み合わせです!

この構成はまさしくわかめラーメンそのものと言えるでしょう!

わかめは量がしっかりあって、なおかつシャキシャキした食感で、
わかめラーメンシリーズらしいおいしさがしっかりと楽しめます!

メンマもコリコリ感が強く、コーンは甘さがアクセントとなり、
ちゃんとそれぞれが自分の役割を果たしているといった感じです!

そして今回の密かなポイントが金ごまの使用だったりするのですね!(`・ω・´)

カップの側面でも金ごまを使っていることをアピールしていますし!

でもって、この金ごまがしっかりといい仕事をしているのですよね!

自分の家ではもともと白ごまより金ごまを使うことが多いのですが、
たしかに金ごまのほうが白ごまより香ばしい風味が強いのですよね!

そうした金ごまの特徴はこの商品からもはっきり感じ取れますね!

縦型であることでごまが麺やわかめに絡みやすい特徴もありますが、
そこに乗ってくるごまの香ばしさが明らかにいつもよりも強いです!

これはなかなか意外なところで面白い工夫をしてきた感じですね!

いつものわかめラーメンらしいおいしさをしっかり踏襲したうえで、
しじみの旨味をグッと効かせ、金ごまによって香ばしさもより高める、
期間限定商品ながら非常に安定感を感じさせてくれる仕上がりでした!

年末年始にしっとりと食べるのに向いたわかめラーメンでございました!(゚x/)モキキュッ

【関連記事】
わかめラーメン しじみだし・しょうゆ(2018年)
EDGE×わかめラーメン ごま・みそ 35周年なのでわかめ3.5倍
わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍
わかめうどん フジッコ 純とろ仕立て
EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 35周年なのでわかめ3.5倍
ぶっかけわかめうどん
わかめそうめん
わかめラーメン しじみだし・しょうゆ
わかめ油そば
わかめ 本鰹つゆそば
わかめラーメン ゆず胡椒と大根おろし風しお
わかめ 昆布つゆうどん
わかめラーメン ごま・しお 三島のゆかり仕立て
鰹だし香る わかめぶっかけうどん
わかめラーメン ごま・しょうゆ Big
汁なしわかめラーメン ごま・ポン酢
ノンフライ麺 わかめラーメン しょうゆ
わかめラーメン しじみだしみそ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/25発売 1食分の野菜 濃厚ちゃんぽん

12/25発売の東洋水産「1食分の野菜 濃厚ちゃんぽん」を食べました!
ローソンのみで先行発売されている商品となっています!

12/25発売 1食分の野菜 濃厚ちゃんぽん

「1食分の野菜 濃厚ちゃんぽん」、ずいぶんシンプルな名前ですね!
というか、商品の特徴をそのまま名前にしたような感じですからね!

「1食分の野菜」というのは、1日分の野菜の1/3という意味です!
1日3食のうちの1食分ということで、1/3にしてるのでしょうね!

ところでこれを見ていると、以前にあった別の商品を思い出すのですよね!
今年の5月にローソンで発売された「モリモリ野菜ちゃんぽん」です!

なんだか商品の持っている雰囲気がずいぶんと似ているのですよね!
野菜メインのちゃんぽんというあたりは全く同じ感じですからね!

12/25発売 1食分の野菜 濃厚ちゃんぽん(内容物)

フリーズドライの野菜具材と普通の乾燥野菜が入っています!
こうした構成も「モリモリ野菜ちゃんぽん」のときと同じですね!

ちゃんぽん系商品は後入れ調味油などがつくことが多いですが、
この商品にはそうしたものはなく、普通にお湯入れのみで作ります!(*゚◇゚)

12/25発売 1食分の野菜 濃厚ちゃんぽん(できあがり)

「1食分の野菜」というだけあって、やはり野菜はどっさり入ってますね!

具材を少し真ん中に寄せたので、一応少し麺が見えていますが、
普通に作ると一面が野菜になって麺はほとんど見えないほどです!

ところで見映えを良くしようとコーンを上に持ってきたのですが、
おかげで他の野菜が見えなくなって逆にマイナスになりましたね;

特に何もせず具材を少し寄せるだけで良かったかもしれませんね!

まずはスープですが・・・丸みを帯びたちゃんぽんスープですね!(●・ω・)

ちゃんぽんというと、クセを控えたやわらかい豚骨スープを中心に
海鮮の旨味、そして野菜の風味を加えて調味油でアクセントをつけて、
そこに胡椒でパンチを出すといったスタイルのものが定番ですが、
このスープはそれをベースにしつつも多少バランスが異なりますね!

まず海鮮の風味は多少ありますが、そこまで前面には出ないですね!

丸みのある豚骨に鶏を加えて、そこに胡椒をバチッと効かせたスープです!
なので、まろやかさとほどよい刺激がまず中心となっていますね!

そしてそこに野菜の風味がどさっと加わってくる構成となってます!

一方で後入れ調味油はないので、そうしたアクセントはありません!
そうしたところも一般的なちゃんぽんとは少々異なっていますね!

なので、ちゃんぽんの持つ豚骨+海鮮+野菜+調味油のうちから、
調味油を外して海鮮を弱め、残りの2つの要素に注力した感じです!

たしかに「野菜ちゃんぽん」という名前らしいバランスですね!(*゚ー゚)

野菜の風味はスープにものすごく強くつけられてるというよりは、
具材の野菜が多いので、そこからしみ出てくる部分も大きいです!

乾燥具材が戻っていく過程で当然風味もたっぷり出てきますからね!

逆に言うと、海鮮風味が控えめに感じるのも具材が影響してるでしょうね!
こちらの商品にはイカなどの海鮮具材は一切入ってないですからね!

スープの原材料はポークエキス、チキンエキス、食塩、魚介エキス、
粉末野菜、たん白加水分解物、香辛料、植物油、酵母エキスです!

スープの構成で見ると海鮮要素もしっかりと入ってはいますし、
商品説明にも「魚介のうまみをきかせた」とあるのですが、
体感的には海鮮系よりも野菜のほうが圧倒的に強く感じますね!

また油脂系が少ないことからもわかるように、油脂感は控えめです!

ここで5月に発売された「モリモリ野菜ちゃんぽん」と比較してみましょう!

[モリモリ野菜ちゃんぽん]
ポークエキス、チキンエキス、食塩、粉末野菜、魚介エキス、
たん白加水分解物、香辛料、植物油、酵母エキス

魚介エキスと粉末野菜の順番が変わった以外は全く同じですね!
とすると、少しではあるものの海鮮風味は強まったのでしょうね!

麺は東洋水産の縦型カップらしい幅広で太めの油揚げ麺です!

「本気盛」系統を連想させるような太麺といった感じなのですが、
具材の野菜の存在感が強いので、麺勝ちしている感はないですね!

このタイプの麺はしばしばスープより前面に出て暴れるのですが、
この商品に関して言えば特にネガティブには感じませんでした!(=゚ω゚)

ただ幅広の麺ということで、ちゃんぽんらしい質感は控えめですね!
ほんとそのまま東洋水産の縦型の麺を持ってきた感じですからね!

そのあたりも含めて一般のちゃんぽんとは違った雰囲気がありますね!

麺の量は65gで、カロリーは388kcalとなっています!
脂質は13.6gで、そこそこ控えめの数字となってますね!

「モリモリ野菜ちゃんぽん」に比べると麺が5g減っていて、
それにともなってカロリーも-17kcal、脂質は-1.2gです!

具材はキャベツ、チンゲン菜、コーン、たまねぎ、小松菜、
ねぎ、ニラ、にんじんという8種類の野菜のみとなってます!

海鮮系の具材が一切入らないというのはこの商品らしいです!

おそらくフリーズドライブロック具材がキャベツ、小松菜、
たまねぎ、にんじん、ねぎの5種類の野菜となっていて、
残りの3種類が普通の乾燥具材という感じみたいですね!

ただキャベツは普通の乾燥具材にも入ってるように見えますが!

まず玉ねぎとねぎの2つはどちらもほとんど存在感がないです;
特に玉ねぎに関しては体感的にはあまりわからなかいですし;

ただちょこっと玉ねぎらしさを感じるところもありはしますが!

にんじんもクタクタでそれほど目立つような存在ではないです!

ニラはやわらかいものの、その独特の香味をしっかり立てて、
全体のアクセントをちょこっと高める役割を見せています!

コーンはプリプリとしていい甘みを出してくれていますね!

そして主役はキャベツ、チンゲン菜、小松菜の3つですかね!(`・ω・´)

まず量という点ではキャベツが最も目立ったものとなってます!
しかもFD具材がメインなので、食感や風味もなかなかいいですね!

とりわけいい仕事をしているのがチンゲン菜と小松菜の2つです!

この2つが青菜らしいちょっと苦味のある野菜らしさを発揮して、
それによって「野菜ちゃんぽん」としての個性が立っています!

でもって全体量も多いので、麺にどんどん絡めて食べられますし、
それによって「野菜味」らしい味わいがさらに高まるのですよね!

個人的にはちゃんぽんには海鮮具材も欲しくなるほうなのですが、
これだけ特化すれば1つのジャンルとして確立してると言えますね!

「これはこれでおいしい」と言わせる力がちゃんと備わってます!

ちなみに「モリモリ野菜ちゃんぽん」のときの具材と比べると、
さやえんどうが小松菜に変更されたといった違いがあります!

これはどうも東洋水産のFD野菜が変化した関係なのですよね!

「正麺カップ」のちゃんぽんも同様の具材の変化が出ているので、
FD野菜ブロックの野菜の組み合わせを少し変更したのでしょうね!

麺量が少し減ったり、野菜の組み合わせが変わったりはしましたが、
基本的には5月の「モリモリ野菜ちゃんぽん」とほぼ同じでしたね!

野菜に特化したちゃんぽんとしてしっかりとした良さがある一杯でした!(゚x/)モギンッ

【関連記事】
1食分の野菜 濃厚ちゃんぽん
モリモリ野菜ちゃんぽん

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/24発売 でかまる 辛肉担々麺(2018年)

12/24発売の東洋水産「でかまる 辛肉担々麺」を食べました!
東洋水産の大盛系シリーズ「でかまる」から担々麺の登場です!

12/24発売 でかまる 辛肉担々麺(2018年)

実はこの「辛肉担々麺」は2年前にも発売されたことがあるのですよね!
そのときも年末だったので、年末の定番に近い存在なのかもです!

「担担麺」が「担々麺」表記に変わるという微妙な変更はありますが!

レトルトの辛肉具材が特徴となっている汁ありの担々麺ですね!(=゚ω゚)

それにしてもこの週は過去商品の焼き直しがずいぶんと多いですね;
年末にはそうした準定番商品ぐらいしか出しにくいのかもですが!

12/24発売 でかまる 辛肉担々麺(2018年)

内容物は粉末スープ、液体スープ、レトルト調理品となっています!
どれも後入れなので、最初はいきなり熱湯を注げばいいだけです!

ひき肉具材に関してはあらかじめカップの中に入れられていますね!

液体スープとレトルト調理品はできるだけ温めておきましょう!

12/24発売 でかまる 辛肉担々麺(2018年)

一見シンプルですが、2つの主役がしっかり目立ってるのはいいですね!
3つか4つ具材が入っていても、どれも目立たないこともありますからね!

まずはベースのスープですが・・・すっきりとした担々麺ですね!(`・ω・´)

レトルトの辛肉をまぜない段階では、どこか一歩足りない味です!

ごまはほどほどというよりはやや軽め、味噌感はありつつも軽め、
唐辛子の刺激も弱く、花椒もごくほんのりと効いてるぐらいです!

もっともこれでも1つのラーメンとして成立する範囲ではあるので、
「すっきり担々麺」として楽しむならこれでも何とかなりますね!

そして辛肉を溶かしてみると・・・うん、一気に味が良くなります!(●・ω・)

実際の担々麺のひき肉はいきなりスープにまぜてしまうよりは、
ときどき麺に絡めながら食べるという手法も多いと思いますが、
この商品の肉味噌は完全に溶かすことを推奨したいですね!

というのも、ひき肉+液体スープといったものになってますので!

そのまま麺と絡めてしまうと味がちょっと強く出すぎますし、
これはスープに溶かして食べるのが前提と言っていいでしょう!

そうすると味噌感が一段強まり、豆板醤と甜麺醤のコンビネーション、
そして花椒のヒリヒリとした痺れなどがちょうど良く強まります!

とはいえ、何か強烈なインパクトを与えるスープになるわけではなく、
バランス系のシビ辛担々麺というラインの仕上がりではあるのですよね!

最近はごまの強烈に効かせたり、花椒でガチガチに攻めてくるなど、
インパクトの強い担々麺が増えた中では大人しい内容と言えますが、
それでも食べていて不思議とクセになるような力があるのですよね!

ごまはやや控えめ、和風味噌感もあり、完全な本格派ではない、
でもピリ辛と味噌の風味と花椒の組み合わせかたに妙があって、
「クセになるバランス型担々麺」として上手くまとまってます!

このあたりの構成の上手さはさすが東洋水産と言えるかもですね!

スープとレトルト辛肉の原材料はみそ、植物性たん白、ねりごま、
豆板醤、豚肉、砂糖、ポークエキス、食塩、ラード、植物油、
チキンエキス、香辛料(にんにく、唐辛子、花椒、しょうがパウダー)、
香味油脂、しょうゆ、甜麺醤、たん白加水分解物、発酵調味料、でん粉、ねぎです!

植物性たん白と豚肉は明らかに辛肉を構成しているものでしょうね!

要するにこのレトルト辛肉は100%豚肉でできているのではなく、
植物性たん白で少々水増しした形にはなっているのですよね!

ただ味付けがしっかりしているので、植物性たん白ぽさはなく、
実際に食べても豚肉との区別はあまりつかないレベルですね!

またポイントはガーリックが意外に強めだった点ですね!
こうした香味野菜のバランス感もクセにさせる力がありました!

担々麺というよりは「ワイルド系ピリ辛」のほうが近かったかもですし!

麺はいつもの「でかまる」らしい中太の油揚げ麺となっています!

がっしり感は皆無で、軽くもちプリッとした食感が特徴で、
また表面の質感がなめらかなのもポイントとなってますね!

そうした優しい質感の麺であるがゆえに食感もゆるみやすく、
決して麺が単体でアピールするような感じではないのですが、
「大盛ながらもスープと麺が調和する」あたりは面白く、
これも「でかまる」の大きな個性の一つと言えるでしょう!

自分はこのスープに少々飲まれるバランスは好きですしね!(*゚◇゚)

麺の量は大盛の90gで、カロリーは597kcalとなっています!
脂質は28.2gで、やはり担々麺系だけあって高めですね!

2年前に比べると脂質は-0.6gで、カロリーは-8kcalです!
ちょっとではあるものの、今年のほうが軽くなってますね!

具材はレトルト辛肉と味付けひき肉となっています!
カップにあらかじめ入っているのがひき肉のほうですね!

味付けひき肉はカップ麺でもよくあるタイプの肉具材ですね!
普通にひき肉として肉らしさをアピールしてくれる存在です!

それに対して辛肉はじっくりと煮込んだひき肉という感じです!

それゆえに食感は優しいですが、味はしっかりしみこんでいて、
それを麺に絡めながら食べると味がグッと増してくれますね!

担々麺と言えばひき肉系統の具材は欠かせないものですし、
それが2種類入っているというのはやはりうれしいですね!(*゚ー゚)

2年前に比べるといくぶん花椒の刺激が弱まったみたいですが、
そのかわり「バランス型」としての個性が高まったところがあり、
「インパクトはないのについついクセになる」力がありました!

安心して食べることができる担々麺と言ってもいいでしょうかね!(゚x/)モキンッ

【関連記事】
でかまる 辛肉担々麺(2018年)
でかまる RED 旨辛とんこつラーメン
でかまる RED 汁なし担々麺
でかまる 回鍋肉風旨辛味噌ラーメン
でかまる 生姜焼き風 甘辛醤油ラーメン
でかまる スタミナ旨辛醤油
でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン
でかまる 辛担々ワンタン麺
でかまる BLACK 黒胡椒醤油ラーメン
でかまる BLACK 黒胡椒焼そば
でかまる 沖縄そば
でかまる 濃厚どろ豚骨ラーメン
でかまる 辛肉担担麺
でかまる メチャ盛り! コーン塩バター味ラーメン
でかまる 尾道ラーメン 背脂醤油
でかまる 白だし醤油ワンタン麺
でかまる 長崎チャンポン
でかまる 旨コク豚骨しょう油ラーメン
でかまる 濃厚豚しおワンタン麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/24発売 神田まつや 鶏南ばんそば(2018年)

12/24発売の日清「神田まつや 鶏南ばんそば」を食べました!
毎年12月の定番になっている「神田まつや」の商品ですね!

「神田まつや」はその名のとおり東京神田にあるお店です!(*゚ー゚)

12/24発売 神田まつや 鶏南ばんそば(2018年)

「神田まつや 鶏南ばんそば」は3年連続の発売ですかね!
過去をたどると、それより前にも出ていたみたいですが!

2年前までは「老舗の逸品」ブランドからの発売でしたが、
昨年からブランド名が外れて単独で「神田まつや」となりました!

というのも、「老舗の逸品」は2つのお店の再現商品しか出ておらず、
ほとんどブランドとして機能していないような状態でしたからね;

そこでもう定評のある「神田まつや」を単独で立てたのでしょう!

12/24発売 神田まつや 鶏南ばんそば(2018年)(内容物)

昨年は別添七味が外れるかわりにねぎが下仁田系になってましたが、
今年はねぎが普通になって、そのかわりゆず七味が付けられています!

でも今年も十分にねぎは入っていますし、鶏肉も充実していますね!

今年も例年と同様に安心できる味わいが楽しめることが期待できます!

12/24発売 神田まつや 鶏南ばんそば(2018年)(できあがり)

そば、鶏、ねぎ、柚子七味、それぞれの主役がよく目立ってますね!

まずはつゆですが・・・うん、関東風ながらも食べやすいつゆですね!(●・ω・)

「神田まつや」は東京の老舗なので、そのつゆは関東風なのですが、
いわゆる醤油のキレで攻め立てるようなタイプとは違うのですよね!

関西などの地域の人が苦手に感じるのはおそらくそういうタイプですが、
「神田まつや」は醤油がやわらかく、なおかつほんのり甘みもあるので、
そのかえしの質はかなり幅広い層に好まれるだけの力を持っています!

実際に画像で見ても、つゆの色はそれほど濃くはないですからね!

だからこそこうして毎年の定番になれてもいるのでしょうね!
地域によって好みが極端に分かれると定番になりにくいですからね!

そのかわりだしに関しては関東風らしくほぼかつお一本となってます!(*゚◇゚)

関西は昆布とかつおの合わせだしを使うことが多いのですが、
東京は基本的にかつおだけでだしの味を決めてくるのですよね!

ただその魚介感がふくよかなので、だしとしての弱さは全くなく、
関西人としては少し昆布の優しい旨味も欲しくなったりしますが、
それでも十分にこれだけで満足させるだけの深みは持ってます!

このあたりはほんのりとした甘みによる効果もあるでしょうね!
甘みがないと、どうしてもキレのほうが立ってきますからね!

そのあたりのバランス感覚の高さのこのお店の強みなのでしょう!

一応スープに豚脂は入ってますが、動物系は特に強くないです!

あくまで和風だしを完全に主軸に置いたスープをベースに、
そこに豚脂や具の鶏の風味が軽く出てくるような感じですね!

そしてここでもう一つ大きな活躍をしているのが柚子七味です!

決してガンガンに柚子や山椒の香りが立つわけではないですが、
基本のつゆだけでは足りないアクセントを付与するとともに、
さわやかな優しい香りを運んでくるという効果は大きいです!

スープの原材料は糖類、粉末しょうゆ、魚介調味料、豚脂、
食塩、魚粉、たん白加水分解物という構成になっています!

また後入れのスパイスは七味唐辛子とゆず皮となってます!

昨年発売されたバージョンと原材料を比較してみましょう!

[2017年版]
粉末しょうゆ、糖類、魚介エキス、豚脂、食塩、魚粉、
たん白加水分解物、香辛料

糖類と粉末しょうゆの順番以外はほとんど変化なしですね!
香辛料が消えてるのは、別袋で柚子七味がついたためですし!

麺はストレート感のある非常に質の高い油揚げ麺のそばです!(=゚ω゚)

何度食べてもこのそばのクオリティの高さにはうなりますね!

パスッとした歯切れの良さ、ほどよいそばの香り、
そしてすすり心地とのど越しの良さとどれも良質で、
油揚げ麺のそばとしては最高峰の一つと言っていいです!

もちろんそれでも多少の油揚げ麺臭はあるのですが、
全体のバランスを乱してしまうことは全くないですね!

麺の量は72gで、カロリーは420kcalとなっています!
脂質は17.4gで、麺量を考えるとおおむね標準的です!

昨年と比べると脂質は同じでカロリーは+1kcalです!

ほとんど全体のバランスについては変えてないのでしょうね!

具材は炭火焼チキンとねぎという組み合わせになっています!

炭火焼チキンはさすがと言っていいだけのクオリティがありますね!

特にこのそばつゆとチキンとの相性が非常にいいのですよね!
じわっとつゆがしみてしっとりとした質感の肉質は見事です!

量に関してもこれぐらいであれば何とか満足はできますしね!(`・ω・´)

ねぎについてはやはり昨年とは多少変わっていますね!

昨年は下仁田系だったので、白くて太いねぎだけでしたが、
今年は普通に青い部分も加わったオーソドックスなねぎです!

ただそれでも十分に具としてリアルに楽しめるものですし、
ねぎとして不足感を感じるようなことはなかったですね!

昨年とそれほど変わり映えのする内容ではなかったものの、
やはり安心して食べられるクオリティだったのはたしかでした!

これだったら年越しそばとして食べるだけの価値もありますね!(゚x/)モキキン

【関連記事】
神田まつや 鶏南ばんそば(2018年)
神田まつや 鶏南ばんそば(2017年)
老舗の逸品 神田まつや監修 鶏南ばんそば
老舗の逸品 総本家更科堀井監修 天麩羅そば
老舗の逸品 神田まつや監修 鴨南ばんそば
老舗の逸品 総本家更科堀井監修 鴨つくねそば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

超グラコロ&濃グラコロ チーズフォンデュ

マクドナルドの冬の定番である「グラコロ」を食べてきました!

今年は「超グラコロ」と「濃グラコロ チーズフォンデュ」の2本立てなので、
食べ比べという意味も込めてその両方のグラコロを注文することにしました!

「超グラコロ」は簡単に言うと、ノーマルなグラコロのことですね!

2016年にもともとの「グラコロ」の味がパワーアップし、
名前も「超グラコロ」へと切り替わった経緯があります!

なので、「超」とノーマルが並行販売されているわけではなく、
ノーマルなグラコロの名前が「超グラコロ」になったわけですね!

そしてもう一方の「濃グラコロ チーズフォンデュ」は今年の限定です!
チーズフォンデュ風のソースを使っているというのがポイントのようです!

超グラコロ 2018&濃グラコロ チーズフォンデュ(パッケージ)

グラコロシリーズは急いで食べると案外熱かったりするのですよね!
なので、そのあたりに注意しながら食べるのもポイントになりますね!

まずはノーマルの「超グラコロ」のほうから食べることにしましょう!(*゚ー゚)

超グラコロ 2018

構成は上からバンズ、ソース、グラタンコロッケ、千切りキャベツ、
たまごソース、下側のバンズという組み合わせになっています!

ごくシンプルにウスター系のソースがかかってるのが特徴ですね!

もうちょっとひねったソースを入れる方法もあるのでしょうが、
あくまで基本版はシンプルな組み立てで来ているみたいですね!

まずはその味ですが・・・うん、安心して食べられるおいしさですね!(●・ω・)

コロッケとウスター系のソースは何だかんだで相性がいいものですし、
そこにマヨネーズに卵黄を多めに加えたようなたまごソースが加わり、
さらにグラタンコロッケのホワイトソースのまろやかさも入ることで、
ミルク感、まろやかさ、ソースのシャープな風味のバランスが良く、
まろやかでありながらピシッと締まりのある味に仕上がっています!

グラタンコロッケもザクザクとまでは言わないまでもサク感が十分にあり、
コロッケの衣の食感、ホワイトソースのアツアツ感をしっかりと楽しめます!

コロッケの中はホワイトソース、マカロニ、海老が入っています!

マカロニも海老も細かいので、ソースと一体化している感じですが、
それでもグラタンらしさを演出するという点では役立っていますね!

千切りキャベツは揚げ物に添えられることが多い野菜であることから、
このグラコロとの相性がいいと判断されて採用されているのでしょうね!

実際に全体の食感とさっぱり感を演出するのに貢献していました!

そしてバンズもこのグラコロ向けの特別な仕様となっています!(*゚◇゚)

普段のマクドナルドのバンズに比べると小ぶりでやわらかさがあり、
なおかつもちっとちょっとした粘り気を感じさせるものとなってます!

どうもこのバンズは生クリームとバターが入った蒸しバンズのようで、
この独自のしっとりとした食感は蒸しの工程が入るからなのでしょうね!

でもって、生クリームやバターといった素材はホワイトソースと相性が良く、
ちゃんとグラタンコロッケとの一体感を意識したものになってるのですね!

濃グラコロ チーズフォンデュ

そしてこちらが限定の「濃グラコロ チーズフォンデュ」となります!

全体の構成は基本である「超グラコロ」とほとんど一緒なのですが、
ソースがウスター系ではなくチーズフォンデュになってます!

下のキャベツのたまごソースに関してはおそらく同じだと思います!

まずはその味ですが・・・あぁ、たしかにチーズ感がけっこうしますね!(`・ω・´)

ソースが酸味のあるウスター系ソースからチーズ系になることで、
全体の方向性もよりまったりとして濃厚な印象へと変わってきます!

基本のグラコロはまろやかさとシャープ感を合わせる感じでしたが、
こちらはまろやかな味わいをより高める方向へとまとまっています!

このチーズフォンデュソースにはベーコンが入っていることから、
どことなくカルボナーラっぽい要素もちょっと見え隠れするのですが、
それ以上にアクセントになってるのはアルコールっぽい香りなのですね!

このチーズフォンデュソースには白ワインが入っているのですよね!

たしかにチーズフォンデュには白ワインを使うことがよくあるので、
それをこのソースに生かすという形を取っているわけですね!

シンプルなチーズソースだと、コロッケのホワイトソース、
たまごソース、チーズソースと似た路線でそろってしまいますが、
白ワインの風味によってチーズソースの個性がちゃんと立ってます!

それと同時にチーフフォンデュらしい特徴も感じることができます!

わかりやすさやメリハリという点なら基本の「超グラコロ」でしょうし、
まろやかさの中に個性が光るという点ではこの「濃グラコロ」もいいですね!

チーズによってホワイトソースの特徴が隠れることもなかったので、
どちらも1つのバーガーとしてきちっと成立したものになってますね!

栄養成分は「超グラコロ」が419kcal、脂質22.0gとなっていて、
チーズフォンデュのほうは450kcal、脂質24.7gと高くなってます!(=゚ω゚)

これは当然で、フォンデュのほうは「超グラコロ」からウスター系ソースを抜いて、
そこをベーコン入りのチーズフォンデュソースに置き換えたというものですので、
当然ながら脂質やカロリーはそれなりに上がることにはなってしまいますからね!

そうしたこともあって、価格もフォンデュのほうが50円高くなっています!

2つ食べるのがしんどいようなボリューム重視のバーガーではないので、
こんな感じで両方とも買って食べてみるというのも面白いでしょうね!(゚x/)モキキョン

【関連記事】
超グラコロ&濃グラコロ チーズフォンデュ
デミチーズグラコロ
グラコロ&トマトクリーム グラコロ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : マクドナルド | ジャンル : グルメ

12/10発売 ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺

12/10発売のサンヨー食品
「ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺」
を食べました!

東京の五反田にある火鍋と宜賓燃麺の専門店である
「ファイヤーホール4000」による監修商品となってます!

こちらのお店では夜は火鍋、昼は宜賓燃麺が提供されています!
また菰田欣也さんはあの陳建一さんの弟子にあたる方ですね!(=゚ω゚)

12/10発売 ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺

さて「宜賓燃麺」というのはあまり聞き慣れない麺料理ですが、
これは四川地方で食べられている独自の汁なし麺にあたります!

「燃麺」の名前の通り、どうもピリ辛の汁なし麺のようです!

お店では「ピリ辛和え麺」とわかりやすい名前でも呼ばれており、
ごまベースのタレと酢・醤油ベースのタレの二種類から選べます!

おそらくこのごまベースの正式名称が「重慶式燃麺(濃厚)」、
酢・醤油ベースが「成都式燃麺(あっさり)」と思われます!

とすると、「重慶式燃麺」はごまベースのタレということで、
汁なし担担麺とも少なからず共通性が見られることになりますね!

おそらくはそれをカップ麺化したのがこの商品になるのでしょう!

もちろん「重慶式燃麺」の名前で出すこともできたでしょうけど、
それだとどういう麺料理なのかイメージできる人が少数ですからね!

ちなみにこの商品は紹介タイミングがちょっと遅れてしまいましたが、
後回しにしたとかではなく、単に入手するのに時間がかかったのですよね;

発売直後はどのコンビニ・スーパーを回っても見つけることができず、
2週間ほど後にヨーカドーに行ったときに何とか買うことができました!

どうしても食べたかっただけに、見つけたときはうれしかったですね!

12/10発売 ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺(内容物)

なんだか麺の平打ちっぷりが乾燥状態からすごいインパクトを放ってますね!

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープという組み合わせです!
まぜる順番は液体スープ→粉末スープの順となっております!

作ってみたところ少々麺同士がくっつきやすい弱点があったので、
湯戻しの途中で一度ぐらい箸でほぐしておくといいかもですね!

そういえば今年は「汁なし担担麺」系の商品がたくさん出たのですよね!
なので、こちらは今年の「汁なし担担麺」ブームの最後を飾る一杯とも言えますね!

12/10発売 ファイヤーホール4000 菰田欣也シェフ監修 四川汁なし担担麺(できあがり)

「燃麺」がどうということ以上に、麺のインパクトが強烈ですね!
この麺はちょっと一目見ただけで頭に焼き付くものがありますね!

まずはそのタレですが・・・なるほど本場の汁なし担担麺的な雰囲気です!(●・ω・)

もっとも実際のモデルは担担麺ではなく燃麺だと思われますが、
普通に汁なし担担麺としてとらえられる一杯と言っていいでしょう!

カップ麺化にあたって、より担担麺に近づけている可能性もありますし!

芝麻醤による練りごま感もなかなか強く、それをサポートする形の
植物油脂&ラードもかなりがっしりと強めに効かされていますね!

それによってコクはかなり強く、さらにそこに強めの花椒が重なり、
ほどよいレベルの唐辛子も加わることでピリ辛仕様となっています!

もともとお店の「燃麺」も仕上げに熱したオイルをかけるそうなので、
油脂感がやや強めになっているのは再現度も意識しているのでしょう!

かといって、油脂で重たくなってしまっているということはないです!

ここまでならオーソドックスな汁なし担担麺といった感じなのですが、
ここにちょっと複雑味のあるスパイス感が絡んでくるのですよね!

おそらく中華料理向けの香辛料を何か合わせてるのだと思いますが、
それによって刺激とともに本場を思わせる香りがふわっと上がります!

これこそが今回のタレの最大の個性と言っても良かったかもですね!

日本でも愛されているタイプの汁なし担担麺の味わいを基本にしつつ、
本場の四川料理を思わせる香り、風味もしっかりと忍ばせられてます!

そういう点でも有名な四川料理店監修というのが生きていますね!(*゚◇゚)

タレの原材料は植物油脂、豚脂、ねりごま、糖類、しょうゆ、
香辛料、食塩、ポークエキス、デキストリン、みそ、酵母エキス、
たん白加水分解物、発酵調味料という構成になっています!

油脂が強めでごまベース、そしてそこに全体を支える豚の旨味に
香辛料が重なってくる、おおむねそうした内容になっていますね!

麺はかなり幅広で、厚みが控えめのノンフライ麺となっています!

カップ麺でここまで幅の広い麺を見るのは初めてと言えるでしょう!
ただそのかわり厚みなく、見た目はかなりペラペラになっています!

ですが、面白いことにこれだけ薄くてももっちりしてるのですよね!

タレがしっかりと絡んで粘度をかもし出してることも影響してますが、
食感としてはペラペラしてるというよりは、その幅で迫力を出しつつ、
噛んでみると意外ともちもちとした食感を楽しめるという感じですね!(`・ω・´)

この麺だけでもけっこう楽しめるといった感じがあるぐらいです!
なので、この麺を食べるのを求めて買うというのもアリでしょうね!

こうして麺を見てると平打ちパスタのようにも見えてきますね!
中華麺の幅の広さのイメージを超えてきているような雰囲気ですし!

麺の量は70gで、カロリーは488kcalとなかなかの高さです!
脂質は21.9gで、ノンフライ麺系としてはけっこう高いですね!

もともと担担麺系統はカロリー・脂質は高くなりがちですが!

具材は鶏・豚そぼろ、ねぎ、輪切り唐辛子となっています!

具材に関してはややさみしいと言えるような内容でしょうかね!(*゚ー゚)

ただしっかりとポイントは押さえた組み合わせになってますね!

全体にほどよく香味を加えるねぎ、ピリッと刺激的な唐辛子、
そして担担麺に欠かせない肉そぼろがきちんとそろっています!

具材らしい具材として楽しめるのは肉そぼろだけではあるのですが、
肉そぼろも質はけっこう良く、担担麺らしさは十分備わっています!

基本的な汁なし担担麺としてのおいしさはしっかりと押さえながら、
本場四川らしい香りや風味、そして独自性の高い超幅広麺など、
ちょっと変化球を織り交ぜながら攻めてきた一杯という感じでした!

「汁なし担担麺」好きなら十分に面白いと思える一杯でしょうね!(゚x/)モキュキン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.